• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区“まちのできごと”紹介 > まちのできごと2021(令和3年) > 地域で災害に備える大切さ~手稲区防災リーダー基礎研修

ここから本文です。

更新日:2021年12月13日

地域で災害に備える大切さ~手稲区防災リーダー基礎研修

211204a211204b211204c

12月4日(土曜日)、手稲区民センター(手稲区前田1条11丁目)で「令和3年度手稲区防災リーダー基礎研修」が開催され、町内会の防災担当者などの「防災リーダー」75人が、地震災害等への備えや、地域の防災訓練の進め方などについて学びました。

これは、地域における自主防災活動の中心的な役割を担う「防災リーダー」が、災害時の対応についての基礎的な知識を学ぶことにより、地域の自主防災力の向上を図ることを目的に手稲区総務企画課が主催したもので、今回で24回目を迎えます。

始めに、公益財団法人札幌市防災協会の細川雅彦(ほそかわ・まさひこ)危機管理専門官から「災害への備え・地域の防災訓練の進め方」と題した講義が行われました。細川氏からは、過去の災害を例に挙げて地域での必要な備えや防災訓練の計画から実施までの進め方についての説明があり、参加者は熱心に耳を傾けていました。

続いて、手稲消防署の職員からは、災害発生時に使用する防災資機材一つ一つの使い方や負傷者への応急手当の方法について、実践を交えながらの解説がありました。

参加者の一人は、「実技を見ることができて、とても参考になった。地域の防災訓練などで、今回の研修内容を周囲にも伝えていきたい」と話していました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2432

ファクス番号:011-681-6639