• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > 健康・衛生 > 地域の健康づくり

ここから本文です。

更新日:2022年11月16日

地域の健康づくり

地域の健康イベントが開催されました.

 定山渓地区と藤野地区において、地域住民の健康増進を図ることを目的とした健康イベントが開催されました。両地区とも、令和元年まで毎年健康イベントが開催されていましたが、令和2年、3年は新型コロナウイルス感染症の影響により中止となっていたため、今回は感染防止に配慮したうえでの3年ぶりの開催となりました。

 

 定山渓~いきいき健康フェアinミリオーネ~(11月9日)

 11月9日水曜日、午前10時から、定山渓万世閣ホテルミリオーネ(南区定山渓温泉東3丁目)の地下1階ミリオーネホールにおいて、「いきいき健康フェアinミリオーネ」が開催されました。

 新型コロナウイルス感染症の影響による令和2、3年の同フェアの中止を踏まえ、介護予防センター定山渓が中心となり、改めて地域の健康課題を見直しながら、定山渓病院、北海道結核予防会及び定山渓地区福祉のまち推進センターとの共催により、定山渓連合町内会や南区保健福祉部などの地域団体・関係機関等の協力のもと、感染症対策に配慮した形で今回のイベントを開催することとなりました。

定山渓健康フェアの様子1 定山渓健康フェアの様子2

 この日は、体力・健康度測定やお食事入門、運動講座、感染症予防講座、健康相談、がん検診のPRなど、さまざまなコーナーが設けられ、来場者は思い思いに各コーナーを回り、自身の健康状態をチェックし、保健師・栄養士などの相談員の説明に真剣に聞き入っていました。

 お食事入門では、野菜摂取やたんぱく質摂取の大切さの啓発のほか、近隣にスーパーマーケットが無い定山渓地区の地域事情を踏まえ、コンビニエンスストアで揃う食材を使用したレシピの提案などが行われました。同コーナーに従事した南区食生活改善推進員は「来場者のみなさんに興味深く見ていただきました。簡単でもおいしく作れる健康レシピをより多くの方に知って欲しいです。」と話していました。

定山渓健康フェアの様子3 定山渓健康フェアの様子4

 各コーナーを回った来場者は、最後にお土産の減塩菓子や衛生用品を受け取り、健康づくりについての理解を深めるひと時となりました。

 

 藤野いきいき元気フェスタ(11月11日)

11月11日金曜日、午後1時30分から、藤野地区センター(南区藤野2条7丁目)の1階ホールにおいて、「藤野いきいき元気フェスタ」が開催されました。

同地区では、藤野地区福祉のまち推進センターが中心となり、当初9月にフェスタを開催する方向で準備を進めてきましたが、夏の新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて延期となり、今回改めて開催される運びとなりました。

藤野健康フェスタの様子1 藤野健康フェスタの様子2

 この日は、フェスタの時間帯を前半(第1部)と後半(第2部)に分け、事前に地域住民へ時間帯を分散しての来場を呼び掛けるなど、会場が密とならないようさまざまな配慮のうえ、イベントが行われました。

 来場者は受付を済ませると、血圧・握力測定をはじめ、5メートルの距離を何秒で歩けるかを測定する「5メートル最大歩行」など、いくつかの健康・運動機能テストにチャレンジして自身の健康状態を確認し、「健康相談コーナー」では測定の結果を踏まえた保健師や栄養士のアドバイスを受けました。

 また、会場には、食を通じて健康的な食生活を地域住民にお伝えするボランティア「南区食生活改善推進員(食改さん)」によるコーナーも設けられ、野菜やたんぱく質摂取の大切さ、コンビニ食材を使用した簡単な健康メニューの紹介などが行われ、多くの来場者が食改さんの話に熱心に耳を傾けていました。

 藤野健康フェスタの様子3 藤野健康フェスタの様子4

 今回のフェスタを主催した藤野地区福祉のまち推進センターで健康づくり活動班の班長を務める阿部孝司藤野地区町内会連合会副会長は、「コロナ以前よりやや内容を縮小したフェスタとなりましたが、まずは無事開催出来て何より。来年はより多くの地域のみなさんに来場してもらえるよう、さらに工夫していきたいと思います。」と話していました。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区保健福祉部健康・子ども課

〒005-0014 札幌市南区真駒内幸町1丁目3-2

電話番号:011-581-5211

ファクス番号:011-582-4564