• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 難病等について

ここから本文です。

更新日:2017年4月3日

難病等について

難病って何だろう

札幌市難病ガイドブック

特定医療費(指定難病)医療費助成制度

平成26年5月30日に公布された「難病の患者に対する医療等に関する法律」に基づき、平成27年1月1日から新たな医療費助成制度が実施されております。
前制度と大きく変わる点は、対象疾病の拡大(56疾病→110疾病)、月額自己負担限度額の変更、指定医療機関・指定医の指定です。さらに、平成27年7月1日より対象疾病が306疾病(110疾病→306疾病)、平成29年4月1日には330疾病に拡大されました。

申請手続き等について(北海道庁ホームページへのリンク)
指定難病一覧(北海道庁ホームページへのリンク)
月額自己負担限度額(北海道庁ホームページへのリンク)
指定医療機関・指定医(北海道庁ホームページへリンク)

特定疾患治療研究事業

特定医療費(指定難病)医療費助成制度へ移行しない「スモン」及び「プリオン病」については、引き続き特定疾患治療研究事業の対象となります。
なお、「難治性肝炎のうち劇症肝炎」及び「重症急性膵炎」については、指定難病に指定されていないため平成27年1月1日より新規の申請はできませんが、平成26年12月31日までに当該疾患により当該事業の対象患者として認定され、その後も継続的に認定基準を満たしている場合には、引き続き対象となります。

肝炎治療特別促進事業(ウイルス性肝炎進行防止対策医療給付事業)

対象者・申請手続きの方法等について

ウイルス性肝炎進行防止対策・橋本病重症患者対策

医療給付事業・精密検査費助成事業

先天性血液凝固因子障害等治療研究事業

対象疾患・申請手続きの方法等について

その他の福祉制度

身体障害者手帳,小児慢性特定疾患関連事業,自立支援医療,重度心身障がい者医療費助成,障害年金,特別障害者手当,特別児童扶養手当,障害児福祉手当,児童扶養手当,生活保護,就労,教育,福祉用具給付・住宅改修費支給及びその他について

難病対策

在宅人工呼吸器使用特定疾患患者訪問看護治療研究事業,在宅難病患者等酸素濃縮器使用助成事業,面接・相談訪問事業,医療相談事業,呼吸リハビリ教室,普及啓発事業,難病ガイドブックの発行

お問合せ先

ひとりで悩まず、お気軽にご相談を

患者団体

(一財)北海道難病蓮と患者団体

 

難病患者等居宅生活支援事業

平成25年4月の障害者総合支援法の施行により、これまでの難病患者等居宅支援事業が廃止となりました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区保健福祉部健康・子ども課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-1211

ファクス番号:011-681-1723