• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区のまちづくり > まちづくりセンター

ここから本文です。

更新日:2018年3月28日

まちづくりセンター

まちづくりセンターとは

札幌市では、平成16年(2004年)4月1日から、従前の連絡所を“まちづくりセンター”に改編しました。
西区内に8箇所ある“まちづくりセンター”では、地区住民組織の振興や、住民票、戸籍謄・抄本、印鑑証明など各種証明書の発行の取り次ぎなど従前から実施している業務に加えて、地域のまちづくり活動の支援の拠点として、地域のまちづくり活動に対する相談や支援などの新規業務を担うとともに、ミーティングスペースや情報端末等の整備を段階的に進めることとしています。
皆さん、お気軽にご利用ください。

まちづくりセンターが地域のまちづくり活動をサポートしています

西区では平成18年度から、区内8箇所のまちづくりセンターが、各地域の魅力や課題などを踏まえ、地域のまちづくり活動の活性化を図る「まちセン地域サポート事業」を実施しています。

【平成28年度の取り組み】
「八軒まちづくり協議会(八軒サポート隊)」の活動推進、「八軒音頭」の保存・継承(八軒まちづくりセンター)(PDF:387KB)

琴似屯田夏まつり、二十四軒コミュニティサロンでのクリスマス会など「まちづくり協議会の支援」(琴似二十四軒まちづくりセンター)(PDF:387KB)

子ども達の夢を応援!!西町・コンサ通りまちづくり事業2017(西町まちづくりセンター)(PDF:331KB)

「発寒北地域内一斉環境美化週間『発北キラキラ7days』)」(発寒北まちづくりセンター)(PDF:395KB)

水車のあるまちエコCity西野(西野まちづくりセンター)(PDF:339KB)

山の手トライアングル・プロジェクト(山の手まちづくりセンター)(PDF:270KB)

地域にやさしいまちづくりの推進~エコタウンはっさむ~(発寒まちづくりセンター)(PDF:310KB)

地域の安全・安心なまちづくりを支援(まちづくり探検隊など)(八軒中央まちづくりセンター)(PDF:369KB)

【これまでの取組】

平成23年度から平成28年度までの取組

各まちづくりセンター(八軒琴似二十四軒西町発寒北西野山の手発寒八軒中央)の取組のテキストデータは以下のとおり
【八軒まちづくりセンター】

地域の力を結集し支え合うまちづくり
地域の伝統文化を守り伝えるまちづくり
地域の力を結集し支え合う-防犯パトロール活動及び高齢者見守り活動-

八軒連合町内会を中心に、関係団体や事業者などによる「八軒まちづくり協議会(八軒サポート隊)」を構成し、安全・安心なまちづくり、地域で支え合うまちづくりを進めています。
・青パト防犯活動(4月~3月)
日々青色回転灯をつけた車で地域を巡回し「見せる防犯」を行っています。学校や新聞販売所も協力し子どもへの声かけ犯罪防止に大きな力を発揮しています。
・防災に関する取組み(8月~3月)
まち協の主要事業に防災を加え、積極的に取り組んでいます。H29年度は、防災マップ作成、災害図上訓練(DIG)、防災講演会などを行いました。
農試パトロール~ヒヤリマップ作成~(巡回:7月~8月、意見交換会:1月)
・琴似駅前交番とも連携して、農試公園内と国家公務員宿舎を解体している現場付近のパトロールを強化しました。巡回で気づいた点はマップにまとめ、公園管理者などと意見交換を行いました。地域住民が安全に公園を利用するために大きな成果がありました。
地域の伝統文化を守り、伝える-八軒音頭の保存・継承
地域の貴重な財産である伝統文化「八軒音頭」を次の世代に継承し、郷土愛を育み魅力ある地域づくりを進めるための支援を行っています。(この事業は八軒中央地区、西町地区との連携・協力により実施しています。)
・小学校での八軒音頭指導(5月)
・YOSAKOIソーラン祭りハーフタイムショーでの演舞(6月)
・琴似神社祭典パレードでの演舞(9月)

【琴似二十四軒まちづくりセンター】

まちづくり協議会支援事業
琴似・二十四軒両エリアの「まちづくり協議会」各事業をバックアップ!
1.琴似地区まちづくり協議会
(1)イベントカレンダーの作成
琴似のまちのイベントを3か月分掲載し、地下鉄琴似駅等で掲示
(2)キャンドルナイトin琴似(6/21)
琴似小児童の手づくりポスター・キャンドル配布などにより、夏至の日の一斉ライトダウンを呼びかけ
(3)第2回琴似屯田夏まつり
屯田の森の歴史的意義を継承し、若い世代の理解を深め、夏のひとときを地域で楽しみました。
・8月5日開催(約600人が来場)
・琴似屯田歴史館資料室も臨時開館
2.二十四軒会館コミュニティサロン等運営協議会
(1)夏祭り&プレーパーク(8/11)
盆踊り、縁日、花火に加え、NPOとの連携により子ども向け遊びの広場(プレーパーク)を予定したが、今年度は雨天中止。
(2)第12回文化祭(11/3)
文化の日に、会館で活動するサークルが日頃の成果を発表(オカリナ、習字、カラオケなど)
(3)クリスマス会・ケーキを作ろう(12/3)
二十四軒小学校1~5年生約50人が、地域のみなさんの協力を得てケーキ作りを体験

【西町まちづくりセンター】

子ども達の夢を応援!!西町・コンサ通りまちづくり事業2017
少年サッカー教室

日時:8月4日(金曜日)、場所:宮の沢白い恋人サッカー場
区内のサッカー少年団10チームに所属する82人の小学生が、将来のJリーガーを目指し、北海道コンサドーレ札幌の選手から指導を受けました。児童からは、選手へ応援メッセージパネルが手渡されました。
コンサドーレ選手と児童が交流
日時:①10月4日(水曜日)②11月10日(金曜日)、場所:①手稲東小学校②西園小学校
コンサドーレの選手が両校を訪問し、手稲東小は6年生95人、西園小は5、6年生180人とそれぞれ交流を深めました。
YOSAKOIソーラン祭り
日時:6月10・11日(土・日)、場所:宮の沢白い恋人サッカー場
八軒音頭保存会、約100人による八軒音頭の披露、西小学校児童6年生約120人によるよさこいに披露、地域の方による踊り子さんへの給水ボランティア、西区介護予防体操「エコロコ!やまベェ誰でも体操」の披露
西町・コンサ通りインフォメーション
地下鉄宮の沢駅に掲示板を設置し、地域のまちづくり活動やコンサドーレ札幌の情報などを紹介しています。
お菓子作り体験会
日時:2月10日(土曜日)、場所:西町会館
地域の小学生約60人が、チョコレートスウィーツ作りに挑戦します。

【発寒北まちづくりセンター】

もっとずっとハツキタ
地域の子どもたちから提案のあった「地域内環境美化」の取組を、町内会や商店街、小中学校などと連携して実施しました。
子どもたちのアイデアで始まった発寒北地域内一斉環境美化「発北キラキラ7days」を実施!
“地域の皆さんと一緒にこのまちをキレイにしたい!”という小中学生の思いから始まった環境美化活動「発北キラキラ7days」7年目を迎えた今回は、発寒小・発寒東小・琴似工業高校の児童・生徒のほか、町内会、商店街、企業、団体などから延べ約1,800人が清掃活動に参加し、わがまち発北をみんなでキラキラにしました。(西陵中・北翔擁護学校の活動は悪天候のため中止)。期間:9月26日(火曜日)~10月4日(水曜日) 場所:発寒北地区内の公園・道路など
町内会参加者からは、「拾ったゴミの量を競争しながら、子どもたちと楽しくゴミ拾いができました。」などの感想も寄せられ、まちの環境美化に加え、世代間の交流もできた、有意義な活動となりました。

 

【西野まちづくりセンター】

水車のあるまちエコCity西野
水車で地域交流会

かつて140基もの水車が存在する水田地帯が広がり、稲作が盛んに行われていた西野地区の歴史を地域の子どもたちに伝えるため「水車で地域交流会」を実施しました。地域の方から直接、西野の歴史を学んだほか、ビンや棒を使った昔ながらの精米体験や縄作り、羽釜を用いた炊飯作業などを行いました。また、西陵高校の生徒が小学生のサポート役として参加し、幅広い世代間での交流が図られました。実施日:10月7日(土曜日)、場所:五天山公園、参加者数:125人。
ゆきだるマンプロジェクト
近隣の小学生とともに、楽しみながら雪に親しむイベントを実施しました。室内に閉じこもりがちな冬期間に、野外でイベントを実施することによって、エネルギー消費を抑制するとともに、地域のコミュニケーションを深めました。実施日:1月27日(土曜日)、場所:昭和会館、参加者数:57人。

【山の手まちづくりセンター】

山の手トライアングル・プロジェクト
緑のカーテンによる”環境にやさしい山の手のまちづくり”事業
緑のカーテン
実施7年目を迎え、まちセンのほか、小学校、児童会館、介護施設などの7つの事業所に参加していただきました。各施設では年間行事として位置づけられ、緑のカーテンが定着しています。まちセンでは、アサガオ、ゴーヤ、ヘチマなどの生育状況をブログ等で発信し、普及に向け参加を呼びかけています。期間:6~10月、協力施設:小学校2、児童会館1、病院、介護施設2
三角山で育む”まちづくり心”支援事業
・三角山健康登山スタンプラリー(6~11月)、・三角山ふみの日登山(7月23日)、・三角山ボランティア整備登山(8月19日)、・山の手地区文化祭~三角山写真コーナー~(山の手会館)(10月8日~9日)、・三角山写真展(区民センター)(11月13日~11月17日)(区民ギャラリー)(11月18日~12月5日)
三角山ボランティアが中心となって企画運営する、三角山の魅力発信・保全活動・登山マナーの啓発等に関連する事業を支援しました。今年は、昨年中止となった整備登山、写真展も実施することができました。各行事には三角山愛好家の参加が多数ありましたが、整備登山と山の手地区文化祭を除いた各イベントでは、山の手地域外、西区外の参加者が多くなってしまい、山の手地域のまちづくりイベントとしては課題が残りました。今後は山の手連合町内会や山の手商工振興会と連携し、山の手地区の地域イベントとなるように工夫していきます。
ネットワークで発揮する”まちづくり力”支援事業
まちづくりサロンのリニューアル
まちづくりサロンの「地域全体の課題の発見及び解決方法の検討の場」としての役割の定着に向け、これまでの「活動団体の情報交換の場」から一歩踏み込み、実践的なまちづくり活動を進めるよう、まちづくりサロンの足場固めに取り組みました。具体的なまちづくりサロンの活動には至りませんでしたが、まちづくりには地域の商工業者の皆さんとの協力も不可欠であるとの考えから、山の手連合町内会と連携しながら山の手商工振興会の発足とスタートアップ事業を支援しました。山の手商工振興会の発足により、地域でまちづくりを推進する力が増していることから、従来のまちづくりサロンの形態にこだわらず、山の手地域のまちづくりを効果的に支援できるよう取り組んでいきます。

【発寒まちづくりセンター】
地域にやさしいまちづくりの推進~エコタウンはっさむ

発寒地区では、町内会・商店街・子ども会・小学校・青少年育成委員会などが協力してさまざまな環境活動に取り組み、環境に優しいまちづくりを呼び掛けています。
落ち葉の堆肥化~みどりの貯金箱~
公園内の落ち葉を発酵させて堆肥化する「みどりの貯金箱」の取り組みを行いました。堆肥ヤードは、発寒大空公園とはつなん公園にそれぞれ設置されており、町内会など地域の方々が協力して作業を進めました。毎年春には堆肥が完成し、公園や小学校の花壇などで活用されています。
廃食油でエコ石けん・キャンドル作り
商店街の店舗などで回収した廃食油(使用済み天ぷら油)をリサイクルし、商店街のお祭りなどでエコ石けん作り体験教室を開催しました。(6、8、9、10月)また、小学校や児童会館などでキャンドル作りの出前授業を行いました。(12月、1月)
エコタウンはっさむフェア
10月7日、発寒まちづくりセンターで「エコタウンはっさむフェア」を開催しました。エコバッグ作りやエコ石けん作りなどが行われ、多くの人でにぎわいました。
環境施設見学会
10月8日、地区内の小中学生が環境について学ぶため、札幌市リユースプラザ等にて施設見学会を実施しました。

【八軒中央まちづくりセンター】

地域の安全・安心なまちづくりを支援
まちづくり探検隊Part11~災害に備えてわたしたちができること~
実施期間:7月~12月、場所:琴似中央小学校、校区内エリア、参加者数:琴似中央小学校5年生64人
地域への愛着を深め、まちづくりの担い手としての意識を育むため、八軒中央連合町内会、まちづくりセンターが連携して琴似中央小学校5年生と活動する「まちづくり探検隊」。今年度も「災害に備えてわたしたちができること」をテーマとし、子どもたちは地域の防災の取組の学習や防災施設等の見学を通じて、災害に備えて自分たちができることを考えました。また、その活動の成果として、発表会で使用した子どもたちのスライドをまとめた「防災パンフレット」を作成して地域へ発信し、地域の防災力の底上げにつなげました。

 

ページの先頭へ戻る

西区にあるまちづくりセンター

八軒まちづくりセンター
琴似二十四軒まちづくりセンター
西町まちづくりセンター
発寒北まちづくりセンター
西野まちづくりセンター
山の手まちづくりセンター
発寒まちづくりセンター
八軒中央まちづくりセンター

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市西区市民部地域振興課

〒063-8612 札幌市西区琴似2条7丁目1-1

電話番号:011-641-6926

ファクス番号:011-641-2455