• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 中央区ニュース(一覧) > 令和4年度中央区ニュース(一覧) > 圧巻の大雪像制作に感謝~中央区連合町内会連絡協議会が雪像制作隊を激励

ここから本文です。

更新日:2023年1月19日

圧巻の大雪像制作に感謝~中央区連合町内会連絡協議会が雪像制作隊を激励

慰問の様子1

1月19日(木曜日)14時から、大通公園西7丁目において、第73回さっぽろ雪まつり大雪像制作者(陸上自衛隊北部方面システム通信群)に対して、中央区連合町内会連絡協議会(土井清純(どい・きよすみ)会長)による慰問が行われました。

冬晴れの下、雪像制作隊に、土井会長から「雪まつりは市民にとって自慢のイベントです。今週末以降、非常に寒い日もありますが体調に十分お気をつけください。大雪像ができあがることを期待しております。」と激励の言葉があった後、谷川亮(たにがわ・りょう)制作隊長らにカップ麺120個、缶コーヒー60本の慰問品が贈呈されました。

陸上自衛隊北部方面システム通信群(旧:陸上自衛隊北部方面通信群)は、昭和31年の第7回雪まつりより雪像制作に携わっており、その卓越した技術は代々受け継がれ、トップクラスを誇ります。慰問品を受け取った谷川隊長から、お礼の言葉と共に「皆さまのご期待に沿えるよう、より一層励んでいきます」と雪像制作への意気込みが述べられました。

今回慰問を行った大通西7丁目会場では、イギリス・ハンプシャーにあるエンブリー荘が制作されています。エンブリー荘は、クリミア戦争の野戦病院で多くの傷病兵の命を救う活動を行った看護師、フローレンス・ナイチンゲールゆかりの別荘。雪像のテーマには、疫病と闘っている医療従事者への感謝が込められています。

慰問の様子2

慰問の様子3

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部地域振興課

〒060-8612 札幌市中央区大通西2丁目

電話番号:011-205-3221

ファクス番号:011-218-0560