• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 施設一覧 > 保健センター > 母と子の健康のために > 離乳初期(生後5~6か月頃)の離乳食作りの基本テクニック

ここから本文です。

更新日:2020年6月1日

離乳初期(生後5~6か月頃)の離乳食作りの基本テクニック

離乳初期によく使う調理の基本テクニックを、食材ごとにご紹介します。

この時期は、味付けはせずに、食材そのものの味や匂い、舌触りを経験させてあげましょう。

おかゆ

離乳食のスタートは米のおかゆから!ひとさじから始めましょう。

離乳初期(生後5~6か月頃)は10倍がゆ(米1に対し水10~15)が基本です。ご飯から作る時はご飯1に対し4~5倍の水を入れて炊きます。

炊飯器でご飯を炊くときに、分量の米と水を入れた湯飲みなどの耐熱容器を、炊飯器の中央において、普通炊きにすると、ご飯とおかゆが同時に出来上がります。(炊飯器によってはうまく炊けないことがあります。)

離乳初期おかゆ1離乳初期おかゆ2

炊けたおかゆを、すりこぎなどで粒がなくなるまでよくつぶします。固さの目安はゆるいポタージュくらい。固さは湯冷ましなどで調節してもよいです。

「ごっくん」と飲み込みするのが上手になってきたら、水分を少しずつ減らして、ヨーグルト状になるよう固さを調節します。

離乳初期おかゆ3離乳初期おかゆ4

にんじん

おかゆに慣れたら野菜にもチャレンジしてみましょう。にんじんや大根などの根菜や芋類は、水から入れて煮ます。

にんじんは細かく切らずに煮たほうが軟らかくなり、甘みもあります。すりつぶしてもかたいときは、煮汁をつかってのばすとよいでしょう。

離乳初期にんじん1離乳初期にんじん2離乳初期にんじん3

かぼちゃ

甘みのあるかぼちゃは、比較的赤ちゃんもなじみやすい食材です。冷凍かぼちゃを使ってもかまいません。

やわらかく煮えたら、フォークでつぶしたり、ラップに包んでつぶしてもよいでしょう。

離乳初期かぼちゃ1離乳初期かぼちゃ2離乳初期かぼちゃ2-2離乳初期かぼちゃ3

ほうれん草

ほうれん草や小松菜などの葉物は、沸騰した湯に入れて茹でます。茹でたら葉先の軟らかい部分を冷凍し、おろし金でおろすとあっという間にペーストの出来上がり!冷凍した食材は、赤ちゃんに食べさせる前に再加熱することと、1週間から10日で使いきるよう注意しましょう。

離乳初期ほうれん草1離乳初期ほうれん草2離乳初期ほうれん草3離乳初期ほうれん草4

豆腐

野菜や芋類、果物をためしてさらに離乳食に慣れてきたら、たんぱく質性食品も取り入れてみましょう。

豆腐は新しいものでも、茹でてから使います。木綿、絹ごしどちらでも構いませんが、絹ごしの方が滑らかに仕上がります。

離乳初期豆腐1離乳初期豆腐2離乳初期豆腐3

白身魚

この時期使える魚は、かれいやひらめ、たら、たいなど、脂の少ない白身魚です。骨や皮を除いて、蒸したり、お湯から茹でます。しらす干しも使えますが、塩気が多いので、お湯につけて塩抜きをしてから使いましょう。また、小さなエビやカニが混ざっていることがあるので、取り除いてから使用するよう注意します。パサパサして食べにくいので、おかゆや野菜ペーストなどのとろみのあるものに混ぜたり、じゃが芋を食べたことがあれば、水溶き片栗粉でとろみをつけても良いでしょう。

離乳初期魚1離乳初期魚2離乳初期魚3

卵黄

固ゆで卵の黄身の部分が使えます。モソモソするので、少量の湯でのばしてから食べさせます。おかゆなどに混ぜてもよいでしょう。

離乳初期卵黄1離乳初期卵黄2離乳初期卵黄3離乳初期卵黄4


このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区保健福祉部健康・子ども課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-822-4111