• ホーム
  • こんなときには
  • 暮らしの情報
  • お知らせ
  • 白石区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > お知らせ > 白石消防署から > 水の事故に気を付けましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年8月6日

水の事故に気を付けましょう!

さっぽろ湖で救助訓練を実施

白石消防署では、7月10日、17日、22日の3日間、さっぽろ湖(定山渓ダム、札幌市南区定山渓)で、水難救助を想定した訓練を実施しました。
これは、湖や河川、海でのレジャーが本格化する季節を迎え、潜水技術の向上と隊員相互の連携を強化することとボートの操船技術の向上を目的に実施したものです。
楽しいはずのレジャーで不幸な事故が起きないようにするためには、気分が高揚しても危険な場所に近づいたり悪ふざけをしない、子どもだけで遊ばせない、適度に休憩をとる、悪天候の場合は中止する等の注意が必要です。
白石消防署では、これからも市民の皆さまの安心と安全のため、継続して訓練を実施していきます。

さっぽろ湖水難救助訓練1 さっぽろ湖水難救助訓練2

豊平川で流水救助訓練実施Part2

白石消防署では、5月20日、27日、6月11日の3日間、ミュンヘン大橋下流の豊平川と山鼻川の合流点で流水救助訓練を実施しました。4月にも環状北大橋下流で流水救助訓練を実施していますが、今回は、より水量が多く、流速の速い場所で溺れた人をボートを使用して救出する高度な訓練を実施しています。
河川には土砂等をせき止める堤防があり、バックウォッシュと呼ばれる空気を大量に含んだ水流が起きます。このような場所では、たとえライフジャケットを着用していても、浮力がなくなり、溺れることがあり大変危険ですので近づかないようにしましょう。
また、豊平川ウォーターガーデンが豊平川河川敷で6月24日から9月8日までの期間でオープンします。子どもたちにとって楽しい遊び場ですが、水深が浅いからと油断せず、特に小さなお子様からは目を離さないようにしましょう。
白石消防署では、これからも市民の皆さまの安心・安全を守るため、継続して訓練を実施していきます。

流水救助訓練2-1 流水救助訓練2-2

豊平川で流水救助訓練実施

白石消防署では、4月9日、16日、20日の3日間、豊平川(環状北大橋下流付近)で流水救助訓練を実施しました。これは、同消防署に所属する水難救助隊と水難救助消防隊が、雪解けによる増水で河川の危険性が増すことにより万が一の事故が発生することに備えて、また、これから夏に向けて市民の皆様が川で水と親しむ機会が多くなることを見据えて、実践的な訓練として実施したものです。川に流されてしまった人を救助隊員が泳いで救出に向かう訓練や、ロープで救出する訓練を行い、9日の訓練では、男性隊員に交じって新人女性隊員も指導を受けました。
レジャーなどで川に出かける際は天気や川の情報をチェックし、雨の後やダムの放流などによって増水しているときは近づかないようにしましょう。また、川幅が狭くなっている場所は急に流れが速くなったり深くなったりしていることが多いので、川などの水場付近では子供から絶対に目を離さないように注意することが重要です。
白石消防署では、今後も万が一の水の事故に備え、より迅速・確実な救出活動を行うために、水難救助訓練を実施していきます。

流水救助訓練1 流水救助訓練2 流水救助訓練3

このページについてのお問い合わせ

白石消防署警防課消防係
〒003-0023札幌市白石区南郷通6丁目北
電話番号:011-861-2100
ファクス番号:011-271-0674