さっぽろの戦跡

ホーム > 歴史と戦跡 > さっぽろの戦跡 > 歩兵25連隊正門前の松

歩兵25連隊正門前の松

戦跡地図へ戻る

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

明治29年(1896年)、月寒に独立歩兵大隊が置かれ、後に歩兵25連隊に改編されました。同連隊は、現在の月寒東1-3から東2-8にまたがる広大な敷地を持っていました。この松は兵営の正門前に植えられた2本の松の1本で、多くの兵士が出征するのを見送った松です(写真左)。歩兵25連隊の兵舎群は、昭和20(1945)年10月から22年までアメリカの進駐軍が「キャンプ・シーテンバーグ」として使用しました。(豊平区月寒中央通5丁目)

歩兵25連隊正門前の松

昭和8(1933)年当時の正門前(札幌市公文書館蔵)

昭和8(1933)年当時の正門前(札幌市公文書館蔵)

ページの先頭へ戻る