• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田区の紹介 > 清田区のシンボル

ここから本文です。

更新日:2015年9月28日

清田区のシンボル

清田区のシンボルについて

 清田区は平成19年(2007年)11月に誕生10周年を迎えたのを記念して「白旗山」「あしりべつ川」「平岡梅林」の3つを「清田区のシンボル」に決定しました。
 このシンボルは広報さっぽろ清田区版をはじめさまざまなイベントで区民167人から380点の候補が寄せられ、清田区10 周年事業実行委員会が決定したものです。

白旗山

白旗山 清田区の南西部に位置し、標高は321.5メートル。その一帯は札幌市最大の市有林として大切に保全され、「白旗山都市環境林」として整備されています。自然観察の森、ふれあいの森、自然探勝の森の3つの森と、それらを結ぶ自然歩道があるほか、白旗山競技場があります。白旗山競技場は、冬はFIS公認の距離競技場として、夏は天然芝のサッカー場として通年利用されています。自然観察の森では自然体験学習や自然観察を楽しめます。ふれあいの森では散策が楽しめるほか、炭焼き体験、木工教室、陶芸製作、冬のかんじき散策などさまざまなイベントを開催しています。自然探勝の森には総延長4.6キロメートルの散策路が整備されており、散策路沿いにある有明の滝を間近でみることができます。雄大な自然が見せる四季折々の表情が、訪れる人たちの目を楽しませています。

関連したイベント

名所・見所案内

あしりべつ川

あしりべつ川 札幌市を流れる1級河川で、流路延長41.7キロメートル。豊平川の最大支流で、空沼岳山頂付近を源流とし、下流で豊平川に合流しています。正式な河川名は「厚別(あつべつ)川」ですが、清田の周辺が昔「アシリベツ」と呼ばれていたことから、「あしりべつ川」として親しまれています。清田区の中心部分を南北に縦断しており、河川敷に樹木や花々が栽培されるなど緑地として整備され、散策やパークゴルフを楽しめる憩いの場となっています。毎年夏には「あしりべつ川体験塾」が開催され、子どもたちが自然にふれあい学ぶ場になっているほか、春には河川敷にこいのぼりが掲げられるなど、地域の皆さんに広く親しまれています。

関連したイベント

平岡梅林

平岡梅林 清田区唯一の総合公園である平岡公園の西側に6.5ヘクタールの広大な梅林が広がっています。梅林には豊後性の紅梅種と白梅種が4対6の割合で約1,200本植栽されており、札幌の梅の名所として広く知られています。開花期は5月上旬頃で、期間中には区民だけではなく各地からの観光客などおよそ10~20万人が訪れ、その色鮮やかな花の美しさと香りを楽しみます。

関連したイベント

名所・見所案内

このページについてのお問い合わせ

札幌市清田区市民部地域振興課

〒004-8613 札幌市清田区平岡1条1丁目2-1

電話番号:011-889-2024

ファクス番号:011-889-2701