ホーム > 東日本大震災に伴う札幌市の対応 > 避難先における情報提供を受け付けています(全国避難者情報システム、ふるさとネット)

ここから本文です。

更新日:2011年5月2日

避難先における情報提供を受け付けています(全国避難者情報システム、ふるさとネット)

全国避難者情報システム

総務省では、東日本大震災等により全国各地に避難されている皆様の避難先等に関する情報を、避難先の市町村へ任意でご提供いただき、その情報を、避難前にお住まいの県や市町村へ情報提供等を行う「全国避難者情報システム」を構築しました。

これにより、避難前にお住まいの市町村や県において避難者の所在地等の情報把握が可能となり、これらの市町村や県からさまざまなお知らせをお届けできるようになります。(例:見舞金等の各種給付の連絡、国民健康保険証の再発行、税や保険料の減免・猶予・期限延長等の通知等)

具体的な手続き

各区役所相談窓口などでお渡しするアンケート用紙「札幌市に避難してこられた皆様へ」(裏面記入)を提出し、札幌市が進める支援情報提供の仕組み「震災避難者への生活支援ネットワーク」に登録してください。

※これにより、避難者の皆さまの情報が、北海道避難者サポート登録制度「ふるさとネット」及び「全国避難者情報システム」にも登録され、避難元自治体からの情報提供等を受けられるようになります。