ホーム > 東日本大震災に伴う札幌市の対応 > 避難された方への生活支援情報の提供窓口を設置しています

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

避難された方への生活支援情報の提供窓口を設置しています

東日本大震災により札幌市内に避難された方のニーズに合わせて、支援情報を案内する仕組み「生活支援ネットワーク」を、平成23年(2011年)4月25日(月曜日)から開始しました。

震災避難者の希望に応じて、公的機関や市民団体、NPO、企業などが提供する様々な支援に関する情報をご案内しています。

対象となる方

東日本大震災により札幌市に避難され、以下のいずれかに該当する方

  1. 市内の公営住宅等(市営住宅、道営住宅、UR賃貸住宅、雇用促進住宅)の入居者
  2. 小中学校や高校、幼稚園、保育所に通っている児童・生徒
  3. その他、市内の民間住宅等に居住し、支援に関する情報を希望する方

登録方法

各区役所相談窓口などでお渡しするアンケート用紙「札幌市に避難してこられた皆様へ」をご記入のうえ、提出してください。

登録後のご案内

避難者の皆さまの情報が、北海道被災者避難者サポート制度「ふるさとネット」及び「全国避難者情報システム(総務省)」に登録され、避難元自治体から情報提供等を受けられるようになります。