• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • お問合せ先
  • まちづくり
  • 施設案内

ここから本文です。

更新日:2021年1月7日

免疫力を高めるポイント~食事編~

「免疫」というのは、細菌やウイルスなどの異物から体を守る仕組みです。免疫力が高ければ、感染症の発症や重症化のリスクを抑えることができます。この免疫力は、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどいろいろな栄養素が働いてパワーアップするもの。特定の食品を食べるだけでは高めることはできません。主食・主菜・副菜をそろえて「バランス良く食べる」ということが基本です。

1んぱく質を多く含む食品

たんぱく質は筋肉や臓器などを構成する大切な栄養素ですが、免疫物質を作り出す栄養素でもあります。

【たんぱく質を多く含む食品】
肉・魚・卵・乳製品・大豆製品など

2物繊維や発酵食品で腸を元気に

免疫細胞の70%は腸に存在していると言われています。腸内の善玉菌を活性化させる発酵食品や食物繊維の豊富な食材を積極的に摂取し、腸内環境を整えるのも効果的です。

【食物繊維を多く含む食品】
野菜・海藻・きのこ・豆類・いも類など

【発酵食品】
チーズ・ヨーグルト・納豆・甘酒・味噌・ぬか漬け・キムチなど

3タミンAやβ-カロテンで粘膜強化

鼻・のど・目などの粘膜は、細菌やウイルスから体を守る働きをします。粘膜を健やかな状態に保ち、病原体の侵入を防ぎましょう。

【ビタミンAを多く含む食品】
レバー・魚介類など

【β-カロテンを多く含む食品】
緑黄色野菜など

4よくかむ

唾液に含まれている抗菌物質や免疫物質が、私たちの体を感染症から守ってくれています。噛み応えのあるものをよく噛んで食べ、唾液をたくさん出して免疫力をアップさせましょう。

5を温める

免疫細胞は体温が下がると、その力が低下するという報告があります。お鍋やスープなど、温かい食事で体を温め、免疫力を維持しましょう。

免疫力を高めるポイント~食事編~(PDF:609KB)

おすすめレシピ
鮭のちゃんちゃん焼き(PDF:401KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市東区保健福祉部健康・子ども課

〒065-0010 札幌市東区北10条東7丁目1-20

電話番号:011-711-3211

ファクス番号:011-711-3217