ここから本文です。

更新日:2011年2月28日

アムールトラの雄「リング」と雌「アイ」のペアリングに成功!当園初のアムールトラ繁殖に期待!

アムールトラの繁殖計画に基づき、昨年12月16日に来園した釧路市動物園の雄「リング」と当園の雌「アイ」のペアリングを実施し、交尾行動を確認いたしました。当園では初のアムールトラの繁殖に期待をしています。
現在は別飼い中ですが、「リング」を「アイ」との交代で、公開しておりますので、併せてお知らせいたします。
本年1月19日頃よりメスの「アイ」に檻越しに鼻を鳴らすような発情期特有の行動がみられました。それまでは、「リング」を警戒し、近寄ることも無かったのですが、1月24日に同居を試みたところ、闘争も無く、十数回の交尾を確認し、その後1月26日まで引き続き、交尾行動が観察されました。
オスの「リング」は、昨年7月に多摩動物公園の雌「シズカ」との間に3頭の子どもが生れている実績のある雄です。
円山でのアムールトラの初の繁殖成功に大変期待しています。

1 個体情報
アムールトラ 雄 愛称:リング 釧路市動物園所有
国内血統登録番号270、国際血統登録番号4777 
2003年4月30日 チェリャビンスク動物園(ロシア)生れ 7歳
2004年12月4日 釧路市動物園に来園
2009年10月14日 多摩動物公園に来園
2010年12月16日 札幌市円山動物園に来園

アムールトラ 雌 愛称:アイ 札幌市円山動物園所有
国内血統登録番号265、国際血統登録番号4680
2002年7月16日 ベルリン ティアパーク動物園(ドイツ)生れ 8歳
2004年6月11日 札幌市円山動物園に来園

2 日本国内の飼育状況
54頭(オス27、メス27) 24園館(2009年12月31日現在)
※資料…アムールトラ国内血統登録(社)日本動物園水族館協会より

3 「リング」の公開について
ペアリング後はメスの「アイ」が以前のように「リング」を警戒するようになりましたので、今は別飼い中です。
オス・メス1日ごとの入れ替えの公開ですので、ご了承ください。


「リング」と「アイ」の交尾の様子
2011年1月25日 オス「リング」、メス「アイ」の交尾行動 猛獣舎トラ屋外放飼場



【参 考】

アムールトラ(別名 シベリアトラ)(ワシントン条約附属書I表、レッドデータブック絶滅危惧種)

学名 Panthera tigris altaica 英名 Siberian tiger 分類 食肉目 ネコ科 

分布 アムール、ウスリー、中国東北部生息地 森林性で針葉樹林に生息。

習性 ネコ科最大の動物。住む地域によって、5亜種に分類される。アムールトラはその1亜種。トラは世界中で3,400~5,000頭ほど生息していると推定されているが、そのうち2,000頭はインドに生息しているベンガルトラ。アムールトラは森林で単独で生活し、同性個体間でなわばりを守る。毛皮や漢方薬の材料としての乱獲、森林伐採等による生息地の減少により生息数は非常に少ない(推定350~400頭)。交尾期は11月~4月ごろで、妊娠期間は103日ほど。通常2~3頭を出産する。子は1歳半頃に親離れし、3~5歳で性成熟に達する。成獣で体長170~230cm、尾長100~120cm、体重130~300kg。メスはオスより小型。

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428