• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > チンパンジー館 > チンパンジー「レディ」が群れへの復帰を果たしました

ここから本文です。

更新日:2011年2月28日

チンパンジー「レディ」が群れへの復帰を果たしました

2006年4月、生後2カ月で母親を事故で亡くし、飼育員に育てられてきたチンパンジーの「レディ」ですが、これまでいくつかの段階を経験させて群れに返す訓練を続けてきました。
10月1日、期待と不安を持って、最後の同居相手となる父親の「トニー」と外放飼場にて同居させたところ、レディは、きちんと「トニー」に挨拶することができ、グルーミングや添い寝をする姿も見られました。一昨日からは、終日同居も始めており、これで完全に群れへの復帰を果たしたことになります。
4年半もの歳月をかけ、ついに群れへの完全復帰を終えた「レディ」にぜひ会いに来てください。

レディ チンパンジー
同居初日からレディとトニーはリラックスしていました

【個体紹介】(飼育頭数10頭)
○レディ メス 4歳 2006年2月26日生まれ
 同年4月23日、母親の「エリサ」が事故死して以来、飼育員による人工哺育が始まる。
○トニー オス 31歳  ○ガチャ メス 推定44歳以上
○チャコ メス 30歳(母親:ガチャ) ○スージー メス 推定28歳以上
○ジェーン メス 推定28歳以上  ○チャー坊 オス 9歳(母親:ガチャ)
○テス メス 5歳(母親:ジェーン)
○ハル メス 2歳(母親:ガチャ) ○アッキー オス 1歳(母親:チャコ)

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428