ここから本文です。

更新日:2011年3月3日

こども動物園内リスザルドームでベビーラッシュ!

リスザルの母子

例年12月から1月にかけてはリスザルたちの出産時期で、今冬も赤ちゃんたちが次々と誕生しています。現在までに6頭の赤ちゃんが生まれ、順調に成長しています。
母親の背中にしっかりとしがみついている赤ちゃんたちはとても小さく愛くるしいです。授乳の際には自分でお腹側に移動するのですが、そんな姿も健気で微笑ましいものです。ぜひご覧下さい。
なお、赤ちゃんたちの性別はまだ不明です。
※リスザルドーム
平成16年3月に完成。館内は周りがガラス張りの通路で、頭上をリスザルたちが行き来する等、生態を観察することができる施設です。
現在、成獣は雄1頭、雌22頭の計23頭を飼育しています。赤ちゃんは1月28日現在で7頭。(赤ちゃんの誕生日12月19日、27日、29日、31日、1月16日、19日、25日)
この7頭と2009年1月29日生まれの1頭は順調に生育し、2010年8月30日、韓国大田市オーワールド動物園へ移動しました。
【リスザル豆知識】
霊長目 オマキザル科
英名 Common Squirrel Monkey 学名 Saimiri sciureus
中央アメリカから南アメリカの湿潤な森林地帯にて、30~40頭の群れを作って生活しています。
森の奥深くではなく、川辺の林地帯やサバンナに続く森林のふちで生活しています。樹上生活者ですが、地上性の昆虫を得るために地上におりてくることもあります。雑食性であり、野生下では果実・葉・木の芽・木の実・昆虫・小鳥を食べ、時にはカエルなども食べます。動物園では、リンゴ・ミカン・ニンジン・ピーマン・レタス・サツマイモ・青菜・バナナ・パイン・ヒマワリの種・パン・ゆで玉子などを与えています。特に、ミールワームは大好物です。

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428