ここから本文です。

更新日:2011年2月26日

チンパンジー「サム」の訃報

チンパンジーの「サム」が天国へ旅立ちました

 先日4月26日にチンパンジーの「ケン」が死亡したという悲しいニュースをお知らせしたばかりですが、さらにまた悲しいお知らせしなければなりません。
 今年1月30日に生まれた「サム」が「ケン」の後を追うように、5月2日午前11時35分死亡しました。 4月20日、最初に「レディ」に鼻水、発熱の兆候がみられて以降、風邪あるいはインフルエンザの疑いでチンパンジーの群れ全体への影響を心配し観察を継続していました。4月24日に「レディ」はすっかり元気を取り戻したのですが、同24日「ケン」に嘔吐、発熱、27日に「チャーボー」に鼻水、28日には「サム」に鼻水、流涎など相次いで症状が現れました。その間、それぞれ治療を継続しながら、チンパンジー館の消毒、群れ内の感染防止対策を行ってきたところです。
 「ケン」と「サム」は本当に残念なことをしました。
 5月1日の検査結果で、インフルエンザではないことが判明しました。現在、引き続き風邪の種類を調査中です。 「チャーボー」は現在、元気を回復していますし、他のチンパンジーにも異常はありません。このことから、チンパンジーの群れにおける風邪は抑えられたものと考えております。
 なお、チンパンジー館におけるお客様への感染はご心配ありません。
死亡年月日 2007年5月2日 午前11時35分
死亡原因  病死
出生地   円山動物園
誕生年月日 2007年1月30日(3ヶ月)
父親 トニー 27才
母親 ガチャ 40才

画像:チンパンジーのサム


トップへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428