• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > イベントカレンダー > 2月8日(日曜日) 市民講座「どさんこ馬の活用(どさんこ馬の障がい者乗馬への活用)」

ここから本文です。

更新日:2015年1月27日

2月8日(日曜日) 市民講座「どさんこ馬の活用(どさんこ馬の障がい者乗馬への活用)」

北海道和種馬、通称「どさんこ」は江戸期に農耕用等として北海道内に導入されたのち、北海道の在来馬となったもので、北海道の開拓に大変活躍してくれました。
今では、荷物を運ぶ役割は車に譲ったものの、その温厚な性格から人を乗せ野外を散策するホーストレッキングや、伝統の武芸である流鏑馬として活躍しています。
また、障がい者乗馬に関しては、生活の質の改善、教育、さらには治療まで多面的な活用の可能性があり、全国的に研究や実践活動が広がっています。
今回、北海道和種馬保存協会の協力を得て、「どさんこ馬の活用」の道について市民講座を開こうと思います。
北海道の在来馬「どさんこ」を身近に感じていただくための「実馬体験」も用意しておりますので、医療や福祉関係の方だけでなく、一般の皆さんも参加して頂ければと思います。
皆さんの参加、お待ちしております。

どさんこ

日時

2015年2月8日(日曜日)  10時00分~15時00分

9時30分 受付開始
10時00分 開講
       北海道和種馬の概要
       北海道和種馬保存協会事務局長 白井興一
11時00分 北海道和種馬による障がい者乗馬の方向(1)
       NPO法人日本治療的乗馬協会 理事長 滝坂信一(帝京科学大学教授)
12時00分 休憩
13時00分 北海道和種馬による障がい者乗馬の方向(2)
       NPO法人日本治療的乗馬協会 理事長 滝坂信一(帝京科学大学教授)
14時00分 実馬体験
15時00分 閉講

場所

名称 札幌市円山動物園 動物園プラザ

対象者

高校生以上

申込み方法

円山動物園に直接お電話下さい。

申込み先

名称 札幌市円山動物園
電話番号 011-621-1426

定員

40名(先着)

料金

無料

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428