ここから本文です。

更新日:2013年2月9日

アメリカビーバー

■ 円山動物園レッドデータブック(哺乳類) アメリカビーバー

画像:アメリカビーバー

げっし目
ビーバー科
Castor canadensis
American beaver
レッドリスト:LC 軽度懸念(IUCN2012)

形態
体長74~130cm、尾長22~30cm、体重約30kgとげっし目ではカピバラについで2番目に大きいです。後ろ足には水かきがあり、平たく大きな尾はオールのような形をしていて舵の役割をします。

生息地
北アメリカ大陸

種の特徴
水辺の木をかじり倒し、泥や枯れ枝などを加えて大規模なダムを作ります。ダムの中央部に巣を作り出入り口は水中にあります。一夫一婦制で一組の夫婦とその子どもの家族で生活し、1年に1度子どもを生みます。草食性で木の葉や草、木の皮などを食べます。

減少の原因
毛皮目的の狩猟により生息数が激減しましたが、現在は回復傾向にあります。

円山動物園での状況
1973年姉妹都市ポートランド市から寄贈され飼育を開始しました。1985年から1999年まで繁殖していますが、それ以後繁殖はありません。現在も子供動物園ビーバーの森で飼育しています。

(平成25年2月9日・記)


円山動物園のトップページへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428