ここから本文です。

更新日:2020年4月19日

ライオン

■ 円山動物園レッドデータブック(哺乳類) ライオン

画像:ライオン

食肉目
ネコ科
Panthera leo
Lion
レッドリスト:VU 絶滅危惧Ⅱ類(IUCN2012)
ワシントン条約:附属書 II

形態
頭胴長150~250cm、尾長90~105cm、肩高平均123cm、体重150~250kgで、オスには頭から首にかけてタテガミがあります。

生息地
かつてはアフリカ、ヨーロッパからイラン、インドにかけて生息していたが、1900年までにシリアから姿をけし、インド西部、アフリカのサハラ砂漠以南の草原や平地に生息しています。

種の特徴
オス1~2頭、メス3~6頭、子供多数のプライドと呼ばれる群れをつくり生活しています。オスは2才前後でタテガミが発達し、生まれ育った群れから排除されますが、単独または兄弟たちと数年放浪した後、他のプライドを襲って乗っ取り、自分と血のつながりのない子供を殺すことが多いです。肉食性で昆虫類から大型草食獣まで様々で、主な獲物はヌー、シマウマ、キリン等です。狩は主に夜行いますが、獲物を追跡する時間は2~3時間で、残りの時間は休息か睡眠をとり体力を温存しています。

減少の原因
開発による生息地や餌となる動物の減少、害獣としての駆除などにより、生息地における純粋な亜種の個体数は減少の一途をたどっています。

円山動物園での状況
1964年から飼育を開始し、1973年から1980年まで多くの子供たちが国内の動物園へ移動しています。しばらく繁殖はありませんでしたが、1996年8月多摩動物園生まれのティモン(メス)と2002年6月富士サファリパーク生まれのリッキー(オス)の間に、2007年11月双子の赤ちゃんげんき、ゆうき(2頭ともメス)が生まれました。現在は熱帯動物館で飼育しております。

(平成25年2月9日・記)


円山動物園のトップページへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428