ここから本文です。

更新日:2020年4月19日

アムールトラ

■ 円山動物園レッドデータブック(哺乳類) アムールトラ

画像:アムールトラ

食肉目
ネコ科
Panthera tigris altaica
Amur tiger
レッドリスト:EN 絶滅危惧ⅠB類(IUCN2012)
ワシントン条約:附属書 I

形態
オスは体長270~330cm、体重180~306kg、メスは体長240~265cm、体重100~167kgと、亜種の中でも最大です。黄色に黒の縞模様の背中と白に黒の縞模様の腹部という独特の毛皮の色ですが、この縞模様は個体によって異なっています。他の亜種に比べ全身の毛が長いです。

生息地
中国東北部、ロシア沿海州のアムール川流域の針葉樹の森林。

種の特徴
他のネコ科の動物と異なり、水を好みます。暑い日には水に入ったり、川や湖を泳いで渡ることもあります。子育てと繁殖期以外は単独で行動し、イノシシ、シカ、他の肉食動物などを食べます。妊娠期間は100日程度、一度の出産で2~3頭の子供を産み、2、3才頃まで子供は母親と一緒にくらします。性成熟はメスで3才、オスで4、5才で、野生での寿命は8~10年です。

減少の原因
毛皮や漢方薬の材料としての乱獲、森林伐採等による生息地の減少や分断、また森林の減少により餌となる草食獣等の減少などにより、生息数が減少し続け、現在約450頭が生息しているといわれています。

円山動物園での状況
1985年から飼育を開始していますが、残念ながら繁殖はありません。現在はわくわくアジアゾーン寒帯館で飼育しています。

(平成25年2月9日・記)


円山動物園のトップページへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428