ここから本文です。

更新日:2020年4月19日

ヒマラヤグマ

■ 円山動物園レッドデータブック(哺乳類) ヒマラヤグマ

画像:ヒマラヤグマ

食肉目
クマ科
Ursus thibetanus
Asian black bear
レッドリスト:VU 絶滅危惧Ⅱ類(IUCN2012)
ワシントン条約:附属書 I

形態
体長140~165cm、体重90~115kgで、一般的には体色は黒色で、胸に白い三日月型の模様があります。首と肩の周辺の毛は長くて濃く、鉤爪は短く頑丈です。

生息地
ユーラシア大陸東部、ネパール、台湾、日本などの高山・森林地帯に生息しています。日本産のものを亜種として区別し、ニホンツキノワグマと呼びます。

種の特徴
通常単独で生活し、木登りや泳ぎが得意で、夜活動することが多いです。食性は草食に偏った雑食で、春はブナなどの新芽を、夏は昆虫や草本類を、秋はドングリ、クリなどの堅果類を食べます。特に秋は大量に食べ、冬眠に備えます。6~8月頃に交尾し、メスは冬眠中に1~3頭の子を出産します。子は2才くらいまで母親と一緒に生活します。

減少の原因
食用や漢方薬の原料として狩猟されるほか、森林伐採や開発などにより生息地が減少・分断され、生息数は減少し続けています。

円山動物園での状況
1975年から飼育を開始し、1998年に死亡したボンタ(オス)と2003年に死亡したマンリー(メス)の間に数多くの子をもうけました。現在はわくわくアジアゾーン高山館で飼育しています。

(平成25年2月9日・記)


円山動物園のトップページへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428