ここから本文です。

更新日:2020年4月19日

チンパンジー

■ 円山動物園レッドデータブック(哺乳類) チンパンジー

画像:チンパンジー

霊長目
ヒト科
Pan troglodytes
Common chimpanzee
レッドリスト:EN 絶滅危機ⅠB類(IUCN2012)
ワシントン条約:附属書 I

形態
頭胴長はオス77~92cm、メス70~85cm、2本足で立ったときの背の高さは130~140cmでメスはオスよりやや小さく、体重は野生のオスが35~40kg、メスは30kg程度です。子供のときは肌の色は薄く、成長するにつれ黒くなっていきます。体毛は黒く全身にはえており、20歳をこえると背中から腰のあたりが灰色がかってきます。

生息地
アフリカ中部赤道付近の熱帯雨林から乾燥したサバンナ周辺の疎開林

種の特徴
雑食性で、果物を主食としていますが、葉、花、樹皮、昆虫、鳥、小型のサルやレイヨウなどの哺乳類など、約200種類の食べ物を食べていることがわかっています。20~100頭の複数のオス、メスからなる群れで生活しており、食べ物の種類や狩の方法、交尾の仕方などを学びます。餌となる果物が少ない季節には小頭数に分散して生活し、餌の豊富な季節には、外敵から身を守ったり繁殖相手の獲得などに有利な大規模な群れで暮らします。また、ヒトと同じく道具を使うことが大きな特徴です。

減少の原因
木材の商業伐採や焼畑農業による森林の急激な減少、子供チンパンジーを捕獲するためや食肉のための密猟、エボラ出血熱の流行などにより、生息数は急激に減少し、150,000頭に満たないと言われています。

円山動物園での状況
1956年から飼育を開始し、昼夜とも群れ飼育を行っており、繁殖も順調でこれまでに多くの子どもが生まれています。現在もチンパンジー館で飼育しています。


 

円山動物園のトップページへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428