ここから本文です。

更新日:2020年4月19日

ブラッザグェノン

■ 円山動物園レッドデータブック(哺乳類) ブラッザグェノン

画像:ブラッザグェノン

霊長目
オナガザル科
Cercopithecus neglectus
De Brazza’s monkey
レッドリスト:LC 軽度懸念(IUCN2012)
ワシントン条約:附属書 II

形態
体長はオスで約56cm、メスで46cm、尾長はオスで約69cm、メスで53cm、体重はオスで約8kg、メスで約4.5kgです。灰色の体で四肢と尾だけが黒く、腿に白い線が入っています。額はオレンジ色で、鼻から顎にかけて白いあごひげのような長い毛が特徴です。

生息地
南東カメルーンからスーダン、エチオピア、ケニア、アンゴラまでの熱帯雨林、川辺林、沼沢林など水の近くに生息しています。

種の特徴
生息する地域により半地上生活者と樹上生活者がおり、果実を中心に葉、昆虫、キノコなどを食べます。一夫一婦から一夫多妻まで変異があり、集団の大きさは3~10頭です。妊娠期間は6ヶ月弱で、出産間隔は約2年です。性成熟はオスで5~6才、メスで4才前後です。19世紀後半のイタリアの探検家サボルニアン・ド・ブラッザの名声をたたえて名付けられました。

減少の原因
密猟や生息地の減少、分断により生息数が減少しています。

円山動物園での状況
1978年から飼育を開始し、1980年から多数繁殖しています。1987年には国内で初めて人工哺育に成功し、繁殖賞を受賞しています。現在もモンキーハウスで飼育しています。

(平成25年2月9日・記)

円山動物園のトップページへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428