ここから本文です。

更新日:2020年4月19日

フサオマキザル

■ 円山動物園レッドデータブック(哺乳類) フサオマキザル

画像:フサオマキザル

霊長目
オマキザル科
Cebus apella
Tufted capuchin
レッドリスト:LC 軽度懸念(IUCN2012)
ワシントン条約:附属書 Ⅱ

形態
 体長30~55cm、尾長 35~50cm、体重2~4kgで、頭部の両側に逆立った黒い房毛があることが名前の由来です。胴体は褐色で、手足は黒い色をしています。

生息地
 コロンビア、ブラジル、ベネゼエラの亜熱帯林と熱帯林に生息

種の特徴
 小規模な群れを形成し、時には他種のサルと混群を形成することもあります。群れの中には階級があり、1番階級の高いオスが食物を優先して食べますが、採食時に低順位個体の接近を許すなど、ある程度寛容な社会のようです。食性は雑食性で、昆虫、鳥類の卵、果実、種子等を食べます。食物の採集時にも知能の高さを見ることができ、木を叩いて中にいる昆虫の居場所をつきとめる、石を使って硬いヤシの実の殻を割る行動等が確認されています。また介護ザルとしてもよく知られています。

減少の原因
 生息地の減少と分断

円山動物園での状況
 1965年から飼育を開始しており、たくさんの子供が生まれています。現在もモンキーハウスで飼育しています。

(平成25年2月9日・記)


                        円山動物園のトップページへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428