ここから本文です。

更新日:2020年4月19日

リスザル

■ 円山動物園レッドデータブック(哺乳類) リスザル

画像:リスザル

霊長目
オマキザル科
Saimiri sciureus
Common squirrel monkey
レッドリスト:LC 軽度懸念(IUCN2012)
ワシントン条約:附属書 II 類

形態
体長23~37cm、尾長32~42cm、体重500~1,000gで、大きさがリスのように小さく体色も似ていることから「リスザル」と呼ばれています。口の周りは黒く、手足の爪が平爪ですが鋭い犬歯をもっています。

生息地
南アメリカのコロンビアからパラグアイの熱帯雨林。

種の特徴
10~40頭の群れを作って生活しています。昼行性で、樹上生活者ですが、地上性の昆虫を捕まえるために地上に降りることもあります。雑食性で、果実、葉、木の実、昆虫、小鳥等を食べます。性成熟はオスで5才くらい、メスで3才くらいで、妊娠期間は150~180日、1度の出産で1頭の子供を産みます。

減少の原因
生息地の減少と分断。

円山動物園での状況
1972年から飼育を開始し、1974年から繁殖しています。2004年にリスザルドームが完成してからは、群れで飼育しており、毎年十数頭の子供が生まれています。現在もリスザルドームで飼育を続けております。

(平成25年2月9日・記)


円山動物園のトップページへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428