ここから本文です。

更新日:2020年4月19日

スローロリス

■ 円山動物園レッドデータブック(哺乳類) スローロリス

画像:スローロリス

霊長目
ロリス科
Nycticebus coucang
Slow loris
レッドリスト:VU 絶滅危惧Ⅱ類(IUCN2012)
ワシントン条約:附属書 I

形態
体長10~30cm、体重約230~1200g、尾は短いです。体毛は短く密で、体色は様々ですが、赤みがかった灰色が最も多いです。手足の第2指は短く、毛づくろいに便利な鉤爪を供えており、また握る力も強いです。目が大きく、網膜の裏側には光を反射するタペータムと呼ばれる細胞層があります。

生息地
インド東部、ベトナム、スマトラ、ボルネオ、フィリピンなどの森林

種の特徴
夜行性で果実や昆虫、樹液を食べ、基本的には単独生活者です。手足でしっかり枝を握りながら樹上を移動します。「ロリス」とはオランダ語で道化師の意味で、手足を伸ばして自由自在に動き回ることから、この名前が付きました。ゆっくりと動くので、敵にも見つからず、獲物にも気づかれずに近づくことができます。メスの妊娠期間は130~193日、1度に1頭の子供を産み、性成熟は9~10ヶ月です。赤ん坊は生まれてすぐ母親の腹にしがみつくことができ、大きくなるにつれ背中に乗るようになり、採食や敵からの防御法などを学びます。

減少の原因
森林伐採等による生息地の減少とともにペットや漢方薬の材料などの目的で密猟され生息数が激減しています。ワシントン条約第14回締結国会議で付属書II類から付属書1類に変更されました。日本では2006年100頭を超えるスローロリスの密輸が摘発されました。

円山動物園での状況
東南アジアの熱帯雨林で捕獲されて日本に持ち込まれ、ワシントン条約違反により税関で保護された個体9頭が、2007年9月12日にやってきました。カンガルー館で元気に暮らしています。

(平成25年2月9日・記)


円山動物園のトップページへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428