ここから本文です。

更新日:2020年4月20日

ナキサイチョウ

■ 円山動物園レッドデータブック(鳥類) ナキサイチョウ

画像:ナキサイチョウ

ブッポウソウ目
サイチョウ科
Bycanistes bucinator
Trumpeter Hornbill
レッドリスト:LC 軽度懸念(IUCN2012)
ワシントン条約:附属書 II

形態
全長は58~65cmでメスよりオスのほうが大きいです。サイチョウの中では中型の大きさです。
生息地
アフリカ南東部(モザンビーク、ジンバブエ、ボツワナ)の川辺の森やサバンナに、数羽~十数羽の群れで住んでいます。
種の特徴
ナキサイチョウは他のサイチョウと同じ様に、嘴の上にとても大きな“張り出し(=casque)”があります。この“張り出し”はオスの方が大きいです。
これは嘴を保護し、また、鳴き声を大きくするための共鳴箱の役割をしていると言われています。重そうに見える嘴も中は"スカスカ"です。"トランペッター"という名前の通り、その鳴き声は非常にやかましいです。
減少の原因
乱獲や生息地の環境悪化が原因で生息数が減少しています。
円山動物園での状況
1995年から飼育を開始し、まだ繁殖したことがありません。現在は熱帯鳥類館で飼育しています。

(平成25年2月9日・記)


円山動物園のトップページへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428