ここから本文です。

更新日:2020年4月20日

タンチョウ

■ 円山動物園レッドデータブック(鳥類) タンチョウ

画像:タンチョウ

ツル目
ツル科
Grus japonensis
Manchurian Crane
レッドリスト:EN 絶滅危惧1B類(IUCN2012)
環境省レッドリスト:VU 絶滅危惧 II 類
ワシントン条約:附属書 I
文化財保護法:特別天然記念物

形態
体長130~140cm、体重7~10kg、翼を広げると240cmにもなります。雌雄同色。
羽の色は白色だが、側頭部から頚部にかけてと、次列風切羽と三列風切羽は黒色。また頭頂部は赤い皮膚が露出していて、和名、丹頂(赤い頭頂部の意味)の由来になっています。

生息地
北海道とユーラシア大陸の2つの個体群があります。
ユーラシア大陸の個体群は、アムール川中流、沿海州南部、中国東北部に繁殖分布し、朝鮮半島、中国東部に渡って越冬する渡り鳥です。それに対し、北海道の個体群は、留鳥、または漂鳥です。

種の特徴
食性は雑食で、草の葉や種子、果実の他、昆虫類、ドジョウなどの魚類、カエル等を食べます。繁殖期は3月~10月で、湿原の中の地上に枯れ草を集めて皿上の巣をつくり、雌雄交代で約30日間抱卵します。春先には、雄と雌が飛び跳ね、鳴き交わす「求愛ダンス」と呼ばれる行動をします。

減少の原因
日本国内のタンチョウは、明治時代の乱獲により、一時は絶滅したものと考えられていたのですが、1924年に釧路湿原で僅か十数羽が生存していたのが発見されました。その後の懸命な保護増殖活動により現在国内では約1,000羽にまで生息数が回復しています。

円山動物園での状況
現在は総合水鳥舎で飼育しています。

(平成25年2月9日・記)


円山動物園のトップページへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428