ここから本文です。

更新日:2020年4月20日

イヌワシ

■ 円山動物園レッドデータブック(鳥類) イヌワシ

画像:イヌワシ

タカ目
タカ科
Aquila chrysaetos
Golden eagle
レッドリスト:LC 軽度懸念(IUCN2012)
環境省レッドリスト:EN 絶滅危惧 I B類
ワシントン条約:附属書 II
国の天然記念物

形態
全長はオスが約81cm、メスが89cm、翼を広げると200cmに達します。全身が黒褐色で後頭部が金褐色をしています。

生息地
ユーラシア大陸、北アメリカ大陸の温帯から亜寒帯にかけての北半球の草原や山岳地帯に広く分布しています。5種類の亜種が確認されており、日本に生息しているのはニホンイヌワシです。それ以外にヨーロッパイヌワシ、アメリカイヌワシ、スペインイヌワシ、ベルクートの4亜種がいます。

種の特徴
一生涯同一のペアで生活し、日本では主にノウサギ、ヤマドリ、アオダイショウ等を捕食します。狩は、草原などの開けた地形の上空を旋回し、獲物を見つけると急降下で襲いかかるパターンが多く、ねぐらや営巣地である森林と、狩場である草原の双方を生息域として必要です。

減少の原因
世界的に見ると生息範囲は広く、生息数も安定しており、約25万羽と推定されることから、軽度懸念のカテゴリーに分類されますが、日本では生息に適した環境がどんどん開発等によりなくなってきており、また繁殖力も弱いことから、2006年時点で約400羽ほどであり、環境省のレッドリストでは絶滅危惧 I B類(EN)とされています。

円山動物園での状況
1990年に国内の動物園で初めて繁殖に成功し、繁殖賞を受賞し、1995年にも孵化しています。
現在は猛禽舎で飼育しています。

(平成25年7月13日・記)


円山動物園のトップページへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428