ここから本文です。

更新日:2020年4月20日

フラミンゴ

■ 円山動物園レッドデータブック(鳥類) フラミンゴ

画像:フラミンゴ

フラミンゴ目
フラミンゴ科
・ベニイロフラミンゴ
Phoenicopterus ruber ruber
American flamingo
レッドリスト:LC 軽度懸念(IUCN2012)
・チリーフラミンゴ
Phoenicopterus chilensis
Chilian flamingo
レッドリスト:NT 準絶滅危惧(IUCN2012)

ワシントン条約:附属書Ⅱ

形態
非常に長い足と首を持つ大型の鳥です。クチバシは中央部で急角度で曲がり、「へ」の字の形をしています。オオフラミンゴは鮮やかな紅色で全長約145cmのベニイロフラミンゴと淡いピンク色で全長約110cmのヨーロッパフラミンゴの2亜種からなります。チリーフラミンゴは淡いピンク色で背中に紅色の縞模様があります。

生息地
ベニイロフラミンゴはカリブ海沿岸地域に、チリーフラミンゴはアンデス山脈の塩湖等に、それぞれ生息しています。

種の特徴
塩湖やアルカリ性の湖といった特殊な環境に適応しており、数千羽から百万羽程度の巨大な群れを形成します。のどにある腺からフラミンゴミルクと呼ばれる栄養豊富な分泌液を口移しに雛に与えます。

減少原因
餌場となる塩水湖の水不足や水質汚染などの環境悪化により減少しています。
また、南米では、貧困にあえぐ地方の人々が、貴重な食料や資金源として捕らえることもあるといいます。

円山動物園での状況
1962年から飼育を開始し、ベニイロフラミンゴ、チリーフラミンゴは繁殖しています。現在は熱帯鳥類館で飼育しています。

(平成25年2月9日・記)


円山動物園のトップページへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428