• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > サル山 > ニホンザル > ニホンザルの「ゆり太」が死亡しました

ここから本文です。

更新日:2017年3月9日

ニホンザルの「ゆり太」が死亡しました

ゆり太

ニホンザル「ゆり太」

ニホンザルの「ゆり太(20才)」が10月7日に死亡しましたので、ここに謹んでお知らせいたします。

サル山の改修工事終了に伴い、『熱帯動物館』にて暫定的に飼育展示していたニホンザルたちを『サル山』に戻すため、10月7日早朝より、ニホンザル71頭を捕獲し、移動を終えたところです。

その際、熱帯動物館内でサル同士による咬傷が発生し、麻酔下で外科治療が必要な状態と判断した6頭を動物病院へ搬送し、治療を行いました。

当個体は、治療終了後、覚醒中に酸素吸入を行っておりましたが、呼吸が停止し、蘇生措置を行いましたが、死亡したものです。

死亡原因の詳細は、北海道大学獣医学部の協力を得て調査中ですが、肉眼所見によると、麻酔による急性心不全により死亡したと推定しています。

このたびのニホンザルの移動につきましては慎重を重ねて行い、71頭中70頭は移動を終え、当個体への治療・蘇生につきまして全力を尽くしたものの、このような結果となりましたこと、お詫び申し上げます。

 

生年月日        平成7年(1995年)6月2日 円山動物園生

死亡年月日     平成27年(2015年)10月7日(16時20分)

死亡に至る経緯  こちらの資料をご覧ください→ニホンザルの移動について(PDF:343KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428