• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 総合案内 > 開園時間及び休園日・入園料 > 令和2年4月1日から円山動物園の入園料等が改定になります。

ここから本文です。

更新日:2020年3月31日

令和2年4月1日から円山動物園の入園料等が改定になります。

入園券見本

 2019年12月25日に公表されました『札幌市まちづくり戦略ビジョン・アクションプラン2019(速報版)』にて、札幌市の「財政運営の取組」の歳入・歳出の改革の中で、受益者負担の適正化の取組みの一つとして掲載されております動物園(入園料)の見直しについてお知らせいたします。

 円山動物園では、1992年4月の入園料改定以降、光熱水費、飼料代などの園の運営に要する経費が増加傾向にあり、今後は大規模施設の新設による維持管理費の増大や施設の老朽化による改修費用の増加等から動物園運営管理費に占める入園料収入の割合の低下が見込まれているなど、動物園の運営を取り巻く状況が変化しています。

 このような状況を踏まえ、動物福祉に配慮しながら将来にわたり安定的な園の運営を持続していくため、令和2年4月1日から、入園料が以下のとおり改定させていただきます。

1 入園料(年間パスポート)の改定

 

現行

改定後

入園料

600円

800円

年間パスポート

1,000円

2,000円

2 減免制度の改定

高齢者(65歳以上)の減免制度の改定

 昭和47年から、高齢者の労をねぎらうことを目的に市内に住む65歳以上の方を全額免除としておりますが、少子高齢化が進むなか、来園する高齢者の割合も高まっており、収支の観点から制度を維持していくことが困難となってきております。

 このため、今後も本制度を持続させていくため、減免適用となる年齢を5歳引上げさせていただきます。

 

現行

改定後

減免適用条件

札幌市に居住する65歳以上の方

札幌市に居住する70歳以上の方

高校生の減免(半額)制度の新設

 円山動物園では、2019年3月に基本方針「ビジョン2050」を策定し、今後は、「生物多様性の保全」と「環境教育」に力をいれていくこととしております。

 環境教育については、幼少期から環境問題に意識していただくことを目的に中学生以下の方は無料としておりますが、今後は高校生についても環境問題について深い知見を持っていただくため、今まで大人料金にて入園いただいていたところ、令和2年4月1日から大人入園料(800円)の半額(400円)でご入園いただけるようになります。

 高校生の方は、入園券購入の際、券売窓口で生徒手帳等、高校に在学していることが確認できる証明書をご提示ください。

 高校生であることが確認できない場合は、大人入園料(800円)となりますのでご注意ください。 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428