ここから本文です。

更新日:2019年3月22日

ゴマフアザラシ

ゴマフアザラシ

*ネコ目
CARNIVOR

*アザラシ科
Phocidae

*英名
Spotted Seal
*学名
Phoca largha

分布 ベーリング海、オホーツク海を中心にチュクチ海、日本海、太平洋北部、ピョートル大帝湾に分布しています。
特徴

種名からも分かる通り背面は灰色の地に黒いまだら模様になっています。

冬から春にかけては流氷とともに移動・回遊するアザラシのため、冬のオホーツク海沿岸でよく見られます。

流氷上で出産や育児を行い、新生児は白い毛で、保護色になっています。

流氷が消滅し後退すると北上する個体が圧倒的に多いですが、利尻周辺や道東の野付半島、北部の礼文島等に留まる個体もいます。

潜水能力に優れ、20分ほど潜ることができ、深度は300m以上にも達する事があります。

食性 広食性で小型のタラ類、カレイ類、サンマ、ニシン、チカ等の魚類のほか、イカやタコ等の無脊椎動物等
寿命 野生下:約30年 飼育下:約30年

ホッキョクグマ館の動物へもどる

円山動物園のトップへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428