ここから本文です。

更新日:2018年10月16日

キュウカンチョウ

キュウカンチョウ

*スズメ目
PASSERIFORMES
*ムクドリ科
Sturnidae (Sturninae)
*英名
Hill Myna
*学名
Gracula religiosa

分布 インド、インドネシア、カンボジア、スリランカ、タイ、ネパール、フィリピン、ブータン、ブルネイ、マレーシア、ミャンマー、ラオス、シンガポールに分布し、森林に生息しています。
特徴

小規模な群れを形成し生活し、動物園等で声まねをすることでも有名ですが、野生の個体であっても鳴き声は非常に変化に富んでいます。

キュウカンチョウの巣は鳥の巣としてはよくあるカップ型のものですが、樹洞の奥に作るという特徴があります。

食性 雑食で果実や昆虫等を食べるが、花の密を吸ったりイチジク等の小さな果実等
寿命 野生下:12~25年 飼育下:12~25年

熱帯鳥類館の動物へもどる

円山動物園のトップへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428