ここから本文です。

更新日:2013年3月27日

ハイイロコクジャク

*キジ目
GALLIFORMES
*キジ科
Phasianidae
*英名
Burmese Peacock-Pheasant
*学名
Polyplectron bicalcaratum

東南アジアの低地~1,000mを超える高地の熱帯雨林に住んでいます。
オスは全体的に緑がかった灰色で、背~翼羽、尾羽、上尾筒(→「インドクジャク」のページを参照お願いします。)は、光沢を帯びた青・紫~緑色の目玉模様がついています。繁殖期は春ですが、この頃メスの前で、この目玉模様のついた飾り羽を、バサバサと広げて自己アピールをします。インドクジャクのような派手さはありませんが、小ぶりでシンプルながらもとても美しく素敵です。
普段は亭主関白で、餌も真っ先にオスが食べてしまいますが、繁殖の時期にはメスに譲ったり、餌を嘴でつかんでとってあげたりして、一生懸命に気を引こうとしているのが健気です。
現地では、その数が減少してしまい、『ワシントン条約附属書2.』に記載されていて国際的な商取引に制限が加えられています。

 

熱帯鳥類館の動物へもどる

円山動物園のトップへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428