ここから本文です。

更新日:2011年2月28日

マガン

マガン

*カモ目
ANSERIFORMES
*カモ科
Anatidae
*英名
White-fronted Goose
*学名
Anser albifrons frontalis

繁殖地は、ロシアの北極海に近い地域やアラスカで、秋になると北海道の宮島沼などにもたくさんやってきて、本州で冬を過ごし、5月の初旬頃にまた北の国に帰って行きます。日本で見られるガン類の中で、最も数が多い種類です。群れで飛ぶときには整然とした隊列を組み、カハハン、カハハンというような声で鳴きあっています。
広い水田、湖沼、干潟などで餌をあさり、多くは群れで行動しています。地上を歩きながらおもに穀類や草などを食べ、また水面を泳いで水草を食べたり、逆立ちをして水中の餌をとりますがもぐることはないようです。ハイイロガンに似ていますが、くちばしの付け根のまわりに白色部があるのが、特徴です。それを良く観察し区別してください。

過去飼育していた動物に戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428