ここから本文です。

更新日:2018年10月3日

ブチハイエナ

buchihaiena

*食肉目
CARNIVORA

*ハイエナ科
Hyaenidae

*英名
Spotted Hyena

*学名
Crocuta crocuta

 

分布 アフリカ大陸(サハラ砂漠、コンゴ盆地、アフリカ大陸最南部を除く)に生息しています。
特徴

ハイエナ科最大種で、雄より雌の方が大型になります。

黄褐色の地色に濃褐色から黒の斑紋が不規則に入り、「ブチハイエナ」の名前の由来となっています。

イヌに似ていますが、ハイエナ科というイヌとは別の生き物で、腰の落ちた独特の体型をしており、夜行性です。

単独やつがいで行動する場合もあれば、クランと呼ばれる数十頭からなる群れを形成することもあります。

小臼歯は頑丈で、顎の力が強いことも相まって獲物の骨も噛み砕くことができ、俊足と並外れた体力を併せ持つ優秀なハンターで、食べるものの6割以上は自分たちで捕えた獲物です。

よく鳴き声をあげ、12種類の鳴き声を使い分けていると考えられており、雌は陰核が陰茎状に肥大しています。

膣と尿道が陰核を貫通して合流しており、排尿や交尾時の膣、出産時の産道を兼ねます。

さらに陰唇が癒着しており、陰嚢状となった袋をもつため雄の外性器と区別しづらくなっています。

発達した肛門腺が女性器と見間違えられ、永らく両性具有と信じられてきました。

食性 哺乳類や鳥類、爬虫類、魚類、昆虫、動物の死骸等
寿命 野生下:約25年 飼育下:25~35年

アフリカゾーンの動物へもどる 

円山動物園のトップへもどる

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428