ここから本文です。

更新日:2021年10月13日

アジアゾウに忠類小学校からかぼちゃが届きました

目録贈呈

目録の贈呈(向かって左から、マルヤマン、神園長、パオくん)

円山動物園では、幕別町教育委員会と共催で子どもたちに郷土への関心を持ってもらい、また、ゾウの生態や保護、動物園の役割について学んでもらうことを目的に、忠類ナウマンゾウ化石と当園が飼育するアジアゾウの関係性に視点をあてスタートした「かぼちゃプロジェクト」事業を2019年から実施しています。

忠類小学校の児童が、円山動物園のゾウの糞から作った堆肥を使って育てたかぼちゃをゾウに届けてくれるという、子どもたちが主役の取組です。

忠類小学校の児童が収穫したかぼちゃが10月7日に届けられ、さっそくアジアゾウにプレゼントしました。
また、ゾウ舎には、10月31日までナウマンゾウの歯の化石(レプリカ)やゾウの糞で作った堆肥も展示しております。ぜひご覧ください。

届いたカボチャ

届いたかぼちゃ

カボチャを食べるアジアゾウ

かぼちゃを食べるアジアゾウ

パネル展示

パネル展示

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428