ここから本文です。

更新日:2021年7月27日

ゾウが食べ残した枝を焚き木として使用しませんか?

円山動物園では、アジアゾウの餌の質や飼育環境の充実を目的に、公園や森などで剪定・伐採した木の枝等を提供してもらい、ゾウに与えています。ゾウが主に食べるのは樹皮や細い枝の部分で、太い幹は残ってしまうため、食べ残した枝等を廃棄するのではなく、有効活用できないか検討しています。
そこで、下記のとおり、ゾウが食べ残した枝をキャンプ等の際の焚き木として使用していただける方への配布を試験的に実施します。

枝を食べるアジアゾウ

枝を食べるアジアゾウ

配布予定の枝

配布予定の枝(参考)

日時

2021年8月1日(日曜日)  

1回目 11時から12時
2回目 14時から15時
※各時間先着10組。定数に達し次第終了。

場所

名称 札幌市円山動物園西門広場

対象者

下記注意事項等を了承した上で、配布した枝等を焚き木として有効活用いただける来園者の方
【注意事項等】
・配布する枝はゾウの食べ残しであり、ゾウの唾液や糞尿などの汚れ、砂が付着していることがあります。そのため、燃料としての使用に限り、工作等その他の用途では使用しないでください。
・ゾウの食べ残しという特性上、ほとんどが折れてささくれだっています。非常に鋭利な状態となっているため、ケガには十分ご注意ください。なお、配布した枝によるケガ、事故等のトラブルについて、当園は一切の責任を負いかねます。
・今後の活用方法を検討する試験実施であるため、配布時にアンケートへのご協力をお願いします。

申込み方法

申込みは不要です。直接会場にお越しください。
なお、配布は無料ですが、動物園への入園に所定の入園料がかかります。

その他

・配布する枝:直径1~5cm程度、長さ10~40cm程度の枝
・配布量:段ボール1箱 ※1箱10kg程度
・配布制限:来園者一組につき一箱

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428