ここから本文です。

更新日:2020年1月15日

第8回北海道爬虫両棲類研究大会

北海道爬虫両棲類研究会と札幌市円山動物園の共催で、第8回北海道爬虫両棲類研究大会を開催いたします。
北海道ならではの両生類や爬虫類の様々なお話、現状などをお伝えする貴重な機会です。
一般参加・聴講可能となっておりますので、ぜひ皆さまお越しください。

【大会内容】
1月25日(土)
・塗装ワークショップ「北海道の爬虫両生類」(事前申込制、実費負担有)
1月26日(日)
・基調講演「札幌市南区北の沢での国内外来種アズマヒキガエルの発生に対する取り組みの報告」
・第8回北海道爬虫両生類研究大会研究発表

【北海道爬虫両棲類研究会とは】
道内で活動する研究者、博物館職員、フィールド調査員、アマチュア研究者等によって構成されている団体。会員等の研究成果や調査結果を報告するとともに、市民への普及啓発を行っている。

【共催】北海道爬虫両棲類研究会・札幌市円山動物園

アズマヒキガエル

アズマヒキガエル

日時

2020年1月25日(土曜日)~2020年1月26日(日曜日)  

・塗装ワークショップ「北海道の爬虫両生類」
 日時:1月25日10時~12時
 会場:動物科学館内科学館ホール
 内容:は虫類・両生類の根付に色を付ける体験をしていただきます。色付けを通して、は虫類・両生類の体のつくりを感じていただきます。講師は国内外で活動する動物造形作家の守亜氏(アクアプラント主宰)。
 参加人数:20名(応募者多数の場合は抽選)
 参加費用:1,000円(実費分)
 申込方法:メール(syomu@koke-koke.com)での申込み
 申込締切:1月15日(金曜日)。ただし、定員に空きがある場合もありますので、お問い合わせください。

・基調講演「札幌市南区北の沢での国内外来種アズマヒキガエルの発生に対する取り組みの報告」
 日時:1月26日(日曜日)10時~
 会場:動物科学館内科学館ホール
 講師:徳田 龍弘氏(かんガエル代表)
 内容:札幌市南区で増殖している国内外来種アズマヒキガエルについての情報と防除についての講演。アズマヒキガエルは、在来の生物種に多大な影響を与える種として懸念されています。
 参加方法:当日、直接会場へ。

・第8回北海道爬虫両生類研究大会研究発表
 日時:1月26日(日曜日)13時~15時
 会場:動物科学館内科学館ホール
 内容:北海道内外の研究者及び両棲類爬虫類に興味がある人が、北海道の爬虫両棲類に関する研究発表を行います(全5題を予定)。
 参加方法:当日、直接会場へ。

場所

名称 動物科学館内科学館ホール(正門そば)

料金

入園料別途必要(高校生以上600円)

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428