ここから本文です。

更新日:2020年3月7日

臨時休園特別動画「今日の円山動物園」追加情報【ダイアナモンキー】

札幌市円山動物園は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための外出自粛を目的として、2020年3月1日から3月19日まで臨時休園となっています。
期間中、皆さまに休園中の動物の様子を少しでもご覧いただけるようTwitterで毎日動画「今日の円山動物園」を配信しています。このページでは、配信した動画に映っている動物について紹介します。
Twitterと共にチェックしてみてください。

今回は、3月6日の動画part1に登場したダイアナモンキーについて紹介します。

ダイアナモンキー

 

動画にて2頭で毛繕いをする様子が映っていたダイアナモンキーは、サル目オナガザル科の動物です。西アフリカ(シエラレオネやコートジボワールなど)の熱帯雨林や水辺のある乾燥林に生息しています。

樹上生活者で、めったに地面には下りません。背の高い木が密生した原生林を好み、地上15~20mの高さで過ごすことが多いです。食べている物は主に植物ですが、雑食動物ですので昆虫等も食べます。

ごはん

↑円山動物園での食事(リンゴ、サツマイモ、人参、小松菜、キャベツ、白菜など)

 

野生のダイアナモンキーは1頭の雄と複数の雌とその子どもで5~50頭ほどの群れを作ります。また、種類の異なるサルと群れを作ることもあります(混群)。この時、ダイアナモンキーは他種を率いるリーダー的な役目を果たします。移動のときは他種より前で先頭に立ち、天敵(ヒョウやカンムリクマタカ、チンパンジー)が近づいたときには鳴き声で知らせます。この鳴き声はサルだけでなく、鳥など他の動物たちにも利用されているようです。

毛繕い

ダイアナモンキーは世界一美しいサルと言われています。名前の由来もローマ神話に登場する女神ダイアナ(ディアナとも)からであり、そこはかとなく高貴さを感じるような気がしてきます。女神ダイアナは狩りを司る月の女神なのですが、ダイアナモンキーの額にある白い毛の部分が三日月のように見えることから、生物分類の父であるカール・フォン・リンネが名付けました。文献によっては月そのものではなく、女神ダイアナが持つ新月の銀の弓から名付けられたとする記述もありますが、どちらにしても月にちなんで付けられた名前のようです。

 

きょうのごはん

↑本日のお食事風景。好きなものから選んで食べます。

 

円山動物園ではモンキーハウスにて、ダイアナモンキーをご覧いただけます。モンキーハウスではダイアナモンキーを含む7種類のサルを見比べることができますので、お気に入りのサルを探してみてください。

 

今後も皆さまに動物たちの元気な姿を伝えていきますので、開園までしばらくお待ちください。  

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428