• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > フクロウとタカの森 > トビ > 円山動物園初!トビの繁殖に成功しました!

ここから本文です。

更新日:2018年7月3日

円山動物園初!トビの繁殖に成功しました!

トビヒナ1

孵化後10日目

円山動物園では、2004年にトビが保護されたのをきっかけに飼育・展示が始まり、以来、通常の展示や、フリーフライトなどのガイドに活躍してもらっておりました。

しかし、絶滅危惧種だけではなく、将来に向けて普通種と呼ばれる動物についての繁殖技術の確立も進めていかなければならないという考えの下、2013年から野生復帰施設にて本格的に繁殖の取り組みをはじめておりました。

これまで産卵はあったものの、いずれも無精卵という結果でしたが、今年、ようやく有精卵を産んでくれ、2羽の孵化に成功しました。

いずれも元気に育っており、今では親と見分けがつかないくらいに大きく成長しています。

野生復帰施設は通常非公開ですが、毎週土曜日に行っている野生復帰施設ガイドにご参加いただければご覧いただくことが出来ますので、ぜひご参加ください。

 

【孵化日】

2018年4月18日(性別不明)

2018年4月20日(性別不明)

【巣立ち日】

2018年5月30日

2018年6月8日

【トビ豆知識】

英名 Black Kite    学名Milvus migrans

日本の九州以北では最も身近な猛禽類です。

開けた場所を好み、海岸や川原、都市部など、至るところでその姿を見ることができます。「ピーヒョロヒョロー」という鳴き声もよく知られています。

現在、「猛禽類のフリーフライト」では2006年保護されたオスのデュークが活躍しています。

トビヒナ2

現在(左ヒナ、中央親鳥、右ヒナ)

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428