ここから本文です。

更新日:2020年3月15日

臨時休園特別動画「今日の円山動物園」追加情報【コールダック】

札幌市円山動物園は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための外出自粛を目的として、2020年3月1日から3月19日まで臨時休園となっています。
期間中、皆さまに休園中の動物の様子を少しでもご覧いただけるようTwitterで毎日動画「今日の円山動物園」を配信しています。このページでは、配信した動画に映っている動物について紹介します。
Twitterと共にチェックしてみてください。

今回は、3月14日の動画に登場したコールダックについてご紹介いたします。

コール1

主にイギリスやオランダでアヒルとマガモを掛け合わせて品種改良されたのがコールダックです。

世界最小のアヒルといわれており、体の大きさは一般的なアヒルの4分の1程度しかありません。

 

 

コールダックは別名ナキアヒルとも呼ばれており、昔は、大きな鳴き声を利用して野生のカモを罠におびき寄せるために、生きた囮(デコイ)として使われていたようです。

現在では観賞用やペットとして飼育されていることが殆どで、アメリカなどでは品評会も開かれるほどポピュラーな鳥です。

 

コール4

鳥類は、鋭い爪や嘴で動物を狩るタカやフクロウが「猛禽類」と呼ばれるように、生息環境や体の特徴などを元に「~禽類」という言葉でグループ分けされることがあります。この○禽類にはいくつかの種類があり、品種改良されたアヒル(コールダック)はニワトリなどと同じ「家禽類」というグループに属します。さらに、プカプカ浮くことができるアヒルは「游禽類(ゆうきんるい)」にも属していると言えるでしょう。

水に浮いていられるのは皮脂が多いためです。腰のあたりにある皮脂腺にクチバシを付けて羽繕いしながら油を全身に塗ることで、水を弾き水面に浮くことができるのです。

また、足の指の間には水かきが付いており、水の中を進む際に役立っています。

水中のエサを探すときはお尻を上げて逆立ちのような態勢になりますが、完全に潜ることはできません。

コール3コール2

↑コールダックの足の指は4本。雪解けが進み濡れた地面に、足跡が付いていました。

 

オスとメスでは鳴き声が異なり、メスの方が大きな声で鳴きます。

また、大人のコールダックには見た目に分かりやすい違いがあります。

次の写真はどちらかがオスでどちらかがメスです。皆さんはどちらがオスのコールダックだと思いますか?

コール6

正解は左がオス、右がメスです!

分かりやすい見た目の違い。それは、「尾羽の形」です。メスは尾羽がまっすぐですが、オスは尾羽が巻いているんです!

コール6

↑左:オスの尾羽、右:メスの尾羽

 

円山動物園ではオス1羽とメス4羽が仲良く暮らしています。

基本的にはこども動物園内で放し飼いになっていますので、コールダックの後ろについて歩けばコールダック気分が味わえるかもしれません。

(絶対にコールダックを走って追い回したり捕まえたりはしないでくださいね(*_*)!)

動物園の営業が再開した際にはぜひ、コールダックを観察しつつ、どの個体がオスなのか見つけ出してみて下さい!

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428