• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > こども動物園 > アメリカビーバー > 臨時休園特別動画「今日の円山動物園」追加情報【アメリカビーバー】

ここから本文です。

更新日:2020年3月5日

臨時休園特別動画「今日の円山動物園」追加情報【アメリカビーバー】

札幌市円山動物園は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための外出自粛を目的として、2020年3月1日から3月19日まで臨時休園となっています。
期間中、皆さまに休園中の動物の様子を少しでもご覧いただけるようTwitterで毎日動画「今日の円山動物園」を配信をしています。このページでは、配信した動画に映っている動物について紹介します。
Twitterと共にチェックしてみてください。

今回は、3月4日part1の動画に登場したアメリカビーバーについて紹介します。

ビーバー

アメリカビーバーは北アメリカに生息しているネズミ目ビーバー科の動物で、世界で二番目に大きいネズミの仲間です(一番大きいネズミの仲間はネズミ目テンジクネズミ科のカピバラ)。

ネズミの仲間だと言うと驚かれることも多いアメリカビーバーですが、動画ではネズミ目自慢の長くて、鋭くて、丈夫な前歯を使い、両手で持った堅そうな枝を見事に齧り切っています。

ビーバーが自分で切り倒した木を使って川にダムを作ることは既にご存じの方も多いと思いますが、ダムの他に巣も木を使って作ります。巣ではオスとメスのペアとその子ども達が家族で群れを作って暮らします。

巣円山動物園のアメリカビーバーの巣

ビーバーの巣は川岸や湖畔にも作られますが、池の中央に作られることもあります。この巣は、出入り口が水中にあるので、敵に襲われる心配のない最も安全な場所となります。

巣の出入口が水の中にあるということはビーバー自身も水に潜らなければなりませんが、ビーバーは泳ぎも得意な動物です。水かきがついた後ろ足で水をかき、平らな尻尾で舵を取って上手に水中を泳ぐことができます。潜水も得意で、最長で15分ほど水の中に潜っていられます。

泳ぐ

 

 

円山動物園では、こども動物園のビーバーの森でご覧いただけるアメリカビーバーですが、夜行性であるためなかなか姿を見ることができません。大抵は巣の中で休んでいるので、木の隙間からそっと覗いてみてください。

覗いて

 

今後も皆さまに動物たちの元気な姿を伝えていきますので、開園までしばらくお待ちください。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428