• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > ゾウ舎 > アジアゾウ > アジアゾウの屋外展示について

ここから本文です。

更新日:2019年5月14日

アジアゾウの屋外展示について

アジアゾウの屋外展示図面

ゾウ舎屋内・屋外各展示場

4月中旬よりアジアゾウの屋外展示場(オスエリア・メスエリア)での展示を開始したところですが、動物の安全確保のため、しばらくの間、屋外展示場(メスエリア(ゾウ舎出入口に近いエリア))での展示を中止し、屋外展示の際は屋外展示場(オスエリア)のみで展示することとしましたのでお知らせいたします。

これまではメスのニャイン(6才)が非常に好奇心旺盛で室内プールの縁の上を歩き回るなどの行動が見られることから、屋外展示場プールの縁の上に登る可能性を考慮し、安全が確保されるまではメスゾウ3頭の屋外展示場(メスエリア)の使用を控えることとし、オスゾウのみ屋外展示場の全面を使用することとしていました。しかしながら5月9日にオスのシーシュ(10才)が屋外展示場(メスエリア)プール横の壁を越えて、本来足を踏み込むことを想定していない場所に前足を乗せる行動が見られるようになったことから、施設を改修し安全を確保できるようになるまでの間は、屋外展示場(メスエリア)についてはオス、メスともに使用を中止することしました。なお、屋外展示場(オスエリア)につきましては、引き続き展示を継続いたします。

屋外展示場(メスエリア)につきましては、ゾウたちができるだけ早く広い空間で生活できるよう、今夏の展示再開を目指して対策を進めてまいります。今後も動物舎の安全管理対策を徹底し、動物たちが安全かつ幸せに生活できるように努めてまいりますのでご理解ご協力の程お願いいたします。

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

電話番号:011-621-1427

ファクス番号:011-621-1428