• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2021年の地区ニュース > 2021年10月 > 東月寒地区童夢交通安全街頭啓発

ここから本文です。

更新日:2023年2月7日

東月寒地区童夢交通安全街頭啓発

地域一丸となって目指す安全・安心なまち!
~東月寒地区童夢交通安全街頭啓発~

パレード車両の様子 街頭啓発の様子

 10月15日(金曜日)午前10時から、国道36号(月寒東1条12丁目~20丁目間、全長約2.5km)で、東月寒地区の交通安全街頭啓発が実施された。

 これは、東月寒地区の子どもたちを地域ぐるみで支えることを目的として、町内会、まちづくりボランティア団体、PTA、プロスポーツ団体など地域の団体で構成されている東月寒まちづくり協議会「童夢(どーむ)」(船越一珠子(ふなこし・かずこ)会長)が主催し、「子どもたちが安心して住めるまち」の実現に向け、平成19年度から毎年行っているもの。今年は、コロナ禍における医療従事者への感謝の気持ちを込め、「医療従事者のみなさん ありがとう」の横幕を掲げた。

 この日はあいにくの曇り空だったが、街頭啓発には同協議会の構成団体の他、国道36号沿いにある事業所の従業員や東月寒地区の小中学校児童など、52団体・約800人が参加。街頭での呼び掛けの他、豊平警察署の白バイやパトカーの先導による7台の車両を使用した交通安全パレードも実施され、市内でも最大級の規模を誇る交通安全街頭啓発となった。

 参加者らは、「交通安全」と書かれた黄色い旗を手に、国道36号に沿ってドライバーや歩行者に交通安全を呼び掛けた。

 また、パレードでは、船越会長と天野周治(あまの・しゅうじ)豊平区長のほか、北海道日本ハムファイターズの「B☆B」「フレップ」、北海道コンサドーレ札幌の「ドーレくん」、HTB北海道テレビの「on(おん)ちゃん」、ケーブルテレビJ:COMの「ざっくぅ」、北海道警察の「ほくとくん」が1台の車両に乗り込み、沿道の人たちに交通安全を呼び掛けていた。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部東月寒まちづくりセンター

〒062-0053 札幌市豊平区月寒東3条17丁目15-30

電話番号:011-853-9191