• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2019年3月 > 札幌市豊平区創造学園第42回卒業式

ここから本文です。

更新日:2019年3月20日

札幌市豊平区創造学園第42回卒業式

2019年3月8日

2年間の思い出を胸に、仲間とともに卒業
~札幌市豊平区創造学園第42回卒業式~ 

学園歌斉唱の様子 卒業証書授与の様子

 3月8日(金曜日)午前10時から、月寒公民館(豊平区月寒中央通7丁目)で、札幌市豊平区創造学園第42回卒業式が行われた。

 創造学園は、豊平区内在住の65歳以上の方を対象とした、札幌市では唯一の2年制の高齢者教室。地域社会に貢献できる高齢者を養成することを目的とし、昭和51年に設立。学園生は、1年目は教養科、2年目は専攻科に在籍しながら、幅広い分野の講義や地域との交流、市内公共施設などへの視察研修など、多彩な学習活動に取り組んでいる。

 この日卒業を迎えたのは、第42期生の56人(男性17人、女性39人)。平均年齢は73.0歳(男性73.5歳、女性72.7歳)で、最高齢者は87歳の女性。設立以来、今回卒業する学園生も含め3,635人が巣立っている。

 卒業式では、初めに全員で学園歌を斉唱した後、来賓や後輩の43期生が見守る中、学園長である西田健一(にしだ・けんいち)豊平区長から卒業生一人一人に卒業証書が手渡された。また、皆勤賞を達成した13人の卒業生には、記念品も併せて贈呈された。

 続いて、西田学園長から「2年間の学園生活で得た知識やこれまでの経験を生かし、生涯現役として、これからも地域のまちづくりのためにご活躍されることを期待します」と卒業生に向けて式辞を述べられた。

 43期生からの送辞を受けた後、卒業生を代表して阿内義範(あうち・よしのり)さんが「2年間は大変充実した日々だった。人生100年の時代、学園で学んだこと糧に、自分の生きがいを見つけ、楽しい人生を送っていきたい」と力強く答辞を述べた。

 最後に、全員で「蛍の光」を合唱し、卒業生は盛大な拍手に包まれて会場を後にした。

卒業生による答辞の様子 記念撮影

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603