• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2019年3月 > 「とよひらまちづくりパートナー活動報告会」開催

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

「とよひらまちづくりパートナー活動報告会」開催

2019年3月12日

さらなる地域貢献を目指して
~「とよひらまちづくりパートナー活動報告会」開催~ 

活動報告会の様子 活動報告会の様子

 3月12日(火曜日)午後2時から、北海きたえーる(豊平区豊平5条11丁目)の大研修室で、「平成30年度とよひらまちづくりパートナー活動報告会」が開催された。

 「とよひらまちづくりパートナー制度」は、多様な担い手によるまちづくりを推進することを目指して豊平区が創設した制度。地域貢献の意欲を持つ企業、学校、団体などを「とよひらまちづくりパートナー」(以下、「まちづくりパートナー」という。)として登録し、地域の求めに応じて、区が企業や団体などと地域との連携を調整し、具体的な活動につなげている。2016年2月から登録団体の募集を開始し、現在41団体が登録している。

 この報告会は、今年度各団体が取り組んだ活動の紹介や意見交換を行うとともに、まちづくりパートナー間での情報共有とネットワーク形成を図ることを目的に実施したもの。この日はまちづくりパートナー18団体から25人が参加したほか、地域や区役所から関係者が出席した。

 開催にあたり、西田健一(にしだ・けんいち)豊平区長から「まちづくりパートナーの協力に感謝している。今日の報告会をネットワーク形成のきっかけとして、今後の活動に生かしてほしい」とあいさつした。

 報告会では、初めに各々のテーブルごとに自己紹介を行った後、「環境美化」「防犯・防災・交通安全」「地域交流・教育」の3つの分野別に、各企業・団体の出席者がそれぞれの活動内容などを紹介した。出席者たちは、植花や防災情報発信、除雪などの具体的な取り組み事例を挙げながら、「地域の皆さんに喜んでもらえてよかった」「地域との関係が深まってきている」「今後も地域のためになる活動を行っていきたい」など、感想やまちづくりへの思いを語っていた。

 続いて、北海道科学大学高等学校の佐々木勇誠(ささき・ゆうせい)さんが、地域との合同清掃活動のほか、夏祭りやアイスキャンドルなどの地域イベントへの協力など、同校の生徒たちが参加した活動について発表を行った。

 その後の意見交換では、まちづくりセンター所長から、3つのまちづくりパートナーが連携して1つの事業に取り組んでいる事例が紹介された。また、まちづくりパートナーと共に活動を行っている地域の方は「これからも一緒に頑張りましょう」と出席者たちへ伝えていた。

活動報告会の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603