• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2019年1月 > 「げんき雪んこまつり」開催

ここから本文です。

更新日:2019年1月16日

「げんき雪んこまつり」開催

2019年1月11日

元気いっぱい遊んで寒さを吹き飛ばそう!
~「げんき雪んこまつり」開催~

「そりでGOGO」の様子 「雪だるまを作ろう」の様子

 1月10日(木曜日)午前10時30分から、中の島小学校(豊平区中の島2条1丁目)で「げんき雪んこまつり」が開催され、乳幼児や小学生とその保護者ら276人が雪遊びを楽しんだ。

 このイベントは、子育て家庭と地域住民や子育てボランティア、学生などが遊びを通して交流しながら相互理解を深め、地域で子育てしやすい環境を作ることを目的とし毎年実施しているもので、今年で14回目となる。

 中の島・平岸両地区の福祉のまち推進センター、同じく両地区の民生委員児童委員協議会、中の島地区青少年育成委員会、中の島小学校PTA、中の島児童会館からなる豊平区げんき雪んこまつり実行委員会(藤岡喬一(ふじおか・きょういち)実行委員長)が主催しており、近隣の中学校・高等学校・大学の生徒や学生ら計35人がボランティアとして参加した。

 晴天に恵まれたこの日、同小学校のグラウンドには、そりに乗って引っ張ってもらう「そりでGOGO」や、袋にボールを投げ入れる「ランラン玉入れ」など8種類のコーナーが設けられ、参加した子どもたちは雪上での遊びを思い切り満喫した。中でも、「雪だるまを作ろう」は一番人気で、子どもたちはバケツやおけを使って雪を集め、「もっと大きくしたい!」「目と口をつけよう!」などと弾ける笑顔で話しながら、思い思いの雪だるまを作り上げていた。また、中の島児童会館を利用する小学生もスタッフとして「オセロ返し」などのコーナーを運営し、小さな子供たちとの交流を楽しんでいた。

 体育館にも「輪投げ」や「チラシプール」などのコーナーが設置され、かるたや絵本の読み聞かせも行われた。

 最後は、グラウンドでかけっこが行われ、多くの子どもたちが参加。夢中で走り抜け、ゴールで手作りの参加賞を嬉しそうに受け取っていた。

「ランラン玉入れ」の様子 かるたの様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603