• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2018年の地区ニュース > 2018年12月 > とよひら“風土(フード)”コレクション「親子おせち料理教室」開催

ここから本文です。

更新日:2018年12月28日

とよひら“風土(フード)”コレクション「親子おせち料理教室」開催

2018年12月27日

親子で楽しく「おせち料理」を作ろう!
~とよひら“風土(フード)”コレクション「親子おせち料理教室」開催~

調理の様子 調理の様子

 12月27日(木曜日)午前9時30分から、豊平区民センター(豊平区平岸6条10丁目)2階料理実習室で『とよひら“風土(フード)”コレクション「親子おせち料理教室」』が開催され、区内在住の親子11組24人が参加した。

 これは、豊平区にゆかりのある食材を活用した食育事業「とよひら“風土(フード)”コレクション」の一環として、豊平区食生活改善推進員協議会の協力の下、豊平区健康・子ども課が開催したもの。日本の伝承料理であるおせち料理のいわれなどを親子で学ぶとともに、区ゆかりの食材のリンゴを使ったアレンジおせち料理を紹介することを目的としている。

 この日は、料理研究家の立野豊子(たての・とよこ)さんを講師に迎え、「簡単伊達巻」「彩り田作り」「みぞれなます」「桜包みごはん」「黒豆(レシピ提供のみ)」の5品の作り方を学んだ。

 初めに、区役所の管理栄養士による「おせち料理のいわれ」「調理のキソ・キホン」の講話と、立野さんによる調理のデモンストレーションが行われ、参加者は料理を上手に作るポイントなどについて真剣に耳を傾けていた。

 その後、各調理台に分かれておせち料理作りがスタート。子どもたちは慣れない手つきながらも、立野さんや食生活改善推進員のアドバイスを聞きながら、きゅうりや大根、リンゴや柿を一生懸命に切っていた。また、上手に伊達巻が完成すると「きれいに巻けたよ」「うまくいったね」という弾んだ声が会場から聞こえていた。

 料理を一皿に彩りよく盛り付けると、いよいよおまちかねの試食会。「おいしくできたね」「家でも作ってみたい」などと会話しながらおせち料理を堪能した。

 食後は和室へ移動し、子どもたちは「とよひらげんき!やさいカルタ」で野菜の知識を深めながらカルタ遊びで盛り上がった。

 最後に、おせち料理を学んだ修了証書が子どもたち一人一人に手渡され、皆うれしそうに受け取っていた。

完成した料理

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603